« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

現状とかお知らせとか(その5)

なんか更新時間がだんだん遅くなってきてますねぇ。そんだけバタバタしてきてるって事ですが、この2日に1度のペースはWFまで続けて行きたいと思ってます。だもんで閲覧継続の方よろしく~♪

さて現状報告です。FGベースの量産をこなした事で「抜き」に関しては結構イケてる気になってたワケですが、本体はそんなに甘くないって感じで「エフ」の抜きに挑むも・・・「アカン!どうしても気泡が抜けない!!」とあえなく惨敗(^^ゞ いくらゲートを増やしてもどうにも抜けない部分が有り、またその理由がさっぱり。注型中に型を傾けたり振動を与えたりしても無理だったんで、そんな部分は割り切って「後で埋める」方針に切り替えましたヨ。

Fresale03ところでエフの型が破損したって件ですが、リカバーできました!・・・概ねですが(笑)。シリコン同士が引っ付くって~接着剤を使っても10個も抜けないだろうと踏んで、型と同じシリコンを使ったってダケなんですけどね。つまり「癒着」を利用したって事です。シリコンの裂け目に同シリコンを流し込んで原型を型に戻します。3面型なので同じく3面全部を元に戻してバンドで括る。そのまま一昼夜置けばひっつくだろうって~方法。

裂け目から溢れた充填シリコンが患部以外と接着してしまわないように、そういう部分は離型剤を塗布。脱型後に不要なシリコンを除去すればOK!・・・なんじゃね?と。多少モールドずれが起こりましたが、余裕で10個以上は抜ける強度を得る事が出来ました。

ただ問題はその部分以外に細かいシリコン欠落が有るのを見逃してた事(^^ゞ。それと上記の気泡。その辺を盛ったり削ったりモールドを起こし直したりってー作業を個別に行うので結構時間が懸かります。それでも型を取り直しているよりはマシだろうと思うんです。取り直したら上手く行くって保障が無い上に、今の時期はホントにシリコンが固まってくれないので。

Fresale04「だったら後加工に時間を割いている方が読める分だけマシ!」ってな事をこの2日間やってます~。今日中にその作業が終るかなぁ?早くFGの組みつけに懸からないと・・・の前に更なるトラブルが! プリンターがまともに刷れなくなっててパッケージやインストを印刷できません(>_<)。その作業を知人に依頼したのは良いんですが、よってマズ優先すべきなのはデータの作成って事になっちゃいました。しっかしホント思うようには行かないもんですよねぇ。

ところで「人様アイテムの紹介コーナー」の続報ですが、一緒に出るクロスワークスさんのところで「ダイヤモンド・ピンセット」の紹介が有りました。品物自体は「モデルカステン」さんでの販売なんですが、クロスワークスさんの卓で実物を試せますヨ。同卓の自分も愛用してて使用感とかなら説明できますのでなんでも聞いてください。

モデルカステン(ダイヤ・ピンセット)

Airbrushmookまた他から情報が入ったら書きますね~・・・ってかも一つ。「エアブラシ大攻略」って本がアートボックスさんから出版されました。ザクッと見るにビギナー向けの導入指南本ですが、国内で販売されている関連商品が網羅されてますので、道具を見てアレコレ妄想するのが好きな人には良いんじゃないでしょうか?ところで何故コレの紹介を自分がするかと言いますと・・・「ハンザ381ハンドピース」の紹介文にあっしの名前が載ってます!「だからなんやねん」って話ですが、一応その関係って事で(#^.^#)

エアブラシ大攻略

因みに「モデルカステン」「モデルグラフィックス」「アートボックス」は全て関連会社で、今回のWFには「アーマーモデリング」として参加するそうですヨ。「ダイヤモンド・ピンセット」をGETしときたいって人はまずココに行きましょうね。

ほいではまた!

|

現状とかお知らせとか(その4)

Fgresale03FGのテストショット(TS)が届いた日からスムージングを開始、TSに離型剤は使わないって事になってるケド・・・一応洗浄してます(2日懸かっちゃいましたヨ)。その間に自分抜きのベースをスムージングしてんですが結構イケてますネ。画像のような3箇所くらいの気泡埋めならスグに済むのでACCEL的には許容範囲・・・と言うか、完璧!レベルです(甘い?)。30回転目の成形品でこの程度ですし、特に面がヒケてる感じも無いので一安心って感じ。

Fgresale04ココで一つお知らせ。WF当日のFGの販売分ですが、販売するのは「フルセットのみ」および「お一人様1個」でお願いします。他のアイテム(HB&F)も数量が多くないですから各1個までで、お一人で購入できる上限は「FGフルセット・HB・F」の3体までって事になります。

FGをフルセット販売のみに絞ったのは梱包の関係とスムーズな受け渡しをしたいから。本日注文していた梱包箱を引き取りに行きますが、ヘッダー付き袋包装のパーツセットと本体を同梱出来る大きさの箱を選びました。この2つを分けて持ってゆくのはスペース的に無駄が多くなるし、受け渡しの時にコレらを出し入れしている間はお客さんに待って頂く事になってしまいます。皆さん買ったらスグ次に回りたいですよね?だったら受け渡しは早い方が良いって事で、FGはフルセットにしたBOXを渡して「ありがとうございます♪」ってのがベターだろうと。
なお「本体のみ」および「パーツのみ」で良い方は、後日通販を再開しますのでそちらをご利用くださいませ。

さて本日の「人様アイテムの紹介コーナー(定着)」は毎回精力的にオリジナルを発表している「マンチキン」さん・・・は今回仕事の都合でお休みなんですが、別ディーラーさんで委託販売するようですよ(自分好きなんですよねぇココの造型)。

◆まぬるねこ(8-12-15)内マンチキン

販売するのは「リトルブライド」と「みならいウィッチ」、買いに行った時には売り切れてた~って人も居たんじゃないでしょうか?あの広い会場での委託販売だとけっこう見つけ辛いと思うので、そんな「買い損ねた」と感じている人はこの機会にサラッと立ち寄りサクッとGETってのは如何でしょう? 大家さんの「まぬるねこ」さんがどのようなモノを用意してらっしゃるのか判りませんので、藤本クン(マンチキン)のアイテムだけご紹介って事でご容赦ください。

|

現状とかお知らせとか(その3)

しくじった~!「あわててやるとロクな事がない、しかし急がないと間に合わない」という悩ましい話^^;。エフで3面型なんてのを採用してみたんですが、その3面目を取る時にどうやら型を壊してしまったようです。
Fresale02「型は取り終わるまで開いてはイケナイ」って当たり前の話なんですが、粘土の除去にどうしてもその作業が必要だったわけで、しかしそもそも開かなくても良いように考えるのが筋って事なんですよねぇ。つまり「最初に事後を想定して考える」って時間を惜しんだ為の失敗って事になりますか? 
(画像はシリコン硬化をヒーターで促進って感じ。シリコンは湿気で硬化促進されるので濡れ布巾を被せてます。)

ともあれ型を取り直している時間が無いので、今はイレギュラーな方法ですが修正しています。果たして上手く行くのだろうか・・・。

Fgresale02で本日、FGのテストショットが届きました!既に経験してるハズなのに、しかも手前ェで作ったモノなのにこの瞬間がたまりません(笑)。グレーの原型が綺麗なアイボリーに変わって袋に封入されてる姿はそそりますねぇ(←変態)。ちゃんとGKになってるやん!って喜びは何回経験してもオツなものだったりするわけです♪

これから下処理と組付けをして塗装って流れですが、今週中にどこまで詰めれるかが勝負!来月に入ったらWF絡みの色んな雑事があって、コレがまたバカにならない位に時間を食ったりするので。 次の更新予定は29日ですがその時までにどれくらい進んでんでしょうか?(もしくはどこかで足止め食らってたり・・・とか?)
結構リアルタイムの記事投稿なんで当方も読めませんが、このハラハラドキドキもイベント前ならではの事ですねぇ^^;。

それでは作業に戻りま~す。

|

現状とかお知らせとか(その2)

Fgbase02只今FGベースを絶賛生産中。なんとか通販一次分とWF分の数量は抜けましたが二次通販分も・・・となるとまだまだ抜かねばなりませぬ~。他の事をやりながらだとどうにもタイムロスがでてしまい1日で20個も抜けない感じ。

さて前回の記事で「他のアイテムも検討中」みたいな事を書きましたが、ハニービーは抜きの上手い知人に任せていますから確定です。それともう一つはエフゼロ・・・と行きたかったんですが(っていつも通りぢゃん!^^;。)、流石にもうストックが無いんですヨ。エフゼロは結構なモールドなので自分で抜くには無理が有り、よって「エフ」にしましたヨ(初版と言うよりテスト版?は自分で抜いてるしネ)。

Fresale01って事で粘土埋め~・・・と言ってもフューチャーガールがメインですからハニービーとエフは少量です(FGもそんなに多くは無いですが)。
しっかしソロソロ塗装に懸からないとヤヴァそうなんスが、そもそもテストショットが上がってこないとどうにもできないもどかしさ。と言っていま届いてもスグには着手できない混迷っぷり。なんかホント脳みそパンクしそう^^;。

話は変わって人様アイテムの紹介コーナーです(・・・ってそんなんあったか?) 

最初は昔なじみの「アトラゴンGK」さん。今までは東映系の怪獣ばっかでしたが今回は東宝ですね!因みに東映ったらウルトラ系で東宝ったらゴジラ系っすよ(間違ってる?) 「同じ怪獣やン!」 と言うなかれ、カテゴリーは確かにそうでも中にいる人たちにしたら明確に分かれているんです・・・と聞いた事があります(笑)。
お互い不可侵領域みたいな感じなのかな?まぁ理由は様々なんでしょうけど、意外にウルトラ系の人がゴジラをやる事って無いもんなんですよね(そしてその逆も然り)。そんな垣根を越えたゴジラなワケですが、既に通販の受注は始まっているようです。「会場でも予約を・・・」みたいな事を言ってたと思います(間違ってたらゴメンなさい)のでその系もイケる口の人は要チェック!

アトラゴンGK

お次はlonglong(ロンロン)・・・ってこりゃまたどうした?って感じのセレクトですが、ココの小林クンとは結構仲が良かったり。そんな事よりもこの数年間「完成させる気あんのか?」って感じだったグリゼルダ(オリジナル)がようやく完成したようなんでエールを込めてご紹介。いやぁ長かったねぇホント。個性的な世界観を持ってオリジナル造型をするディーラー原型師って稀有なんで、「あきらめずに頑張って欲しいなぁ」と。でも見るにつけグルグル廻ってる感じだったんで大丈夫か?なんて思ってました正直^^;。しかしこうやって完成するとやっぱ雰囲気有ってイイんぢゃない?自分は好きですヨこーゆーの。
何度もやり直してたってのはそれだけ想いが強かったって事なんだと思うし、それが証拠に今でも出世作の「メイフェア」を卓に並べてアピールしてるもんね。なかなかソコまで拘れないと思うよ普通。ちょっと拘りすぎなのかもだけど、そんなのが居たってイイじゃない?って事でともあれ「おめでとさん♪」

longlong-lab

【追記①】
26日に通販の受付を一旦閉じました。以降につきましては後日追ってアナウンス致します。多数のお申し込みありがとうございました♪

【追記② 記事内容に誤りがありました^^;。】
上記「アトラゴンGK」さんの記事、「東映」では無く「円谷」でしたネ。知人から指摘を貰ったワケですが・・・すんごくハズカチ~!一度書いた記事をこっそり改ざんするのはもっと恥ずいので間違ったままにしときます。笑ってスルーしたってください(>_<) 。
もっかい書きますが、ウルトラ系は「円谷」で、「東映」はライダーとかです・・・ってもう間違ってないよね? なんつーか書く前にちゃんとチェックしないとあきませんねぇ。

|

現状とかお知らせとか

①フューチャーガール通販の事。

WF準備と平行してやってますと、もう頭の中がグッチャグチャ^^;。シリコンの硬化待ちの間にレジンを流し込んでこれまた硬化待ち、その時間を使って通販リスト作成と案内メール、そしてブログ・・・。低スペック脳の人間がやる事では無いなぁと思いながら、ココに塗装が入ったら完全に逝ってしまいそうなので通販受付を一時休止させてください。25日の深夜あたりで通販ページを一旦クローズしますが、WF終了後に再開しますので宜しくお願い致します。

Fgbaseところで話が前後してしまいましたがFGのご注文ありがとうございます。ウチ的には新作の場合と比べて遜色なく、「まさか旧作にココまで申し込んでくれる人が居たとは!」って感じ。この勢いを新作に繋げたいなぁと思いつつ、ともあれお礼を言いたくって^^;この感じなら会場に持ち込んでもガン無視って事はないだろうと安心できました。言葉だけで申し訳ないですが、ご注文くださった方々にホント感謝です♪

②卓番号

当卓番は「6-21-07」です。最終案内が届くといよいよだなぁって感じで妙に焦ってくるワケですが、言ってもやる事は変わらないんで準備に勤しむ事と致します。さて当日の売り物ですがFGの再販が確定しているものの、他に何を持っていけるのかも検討中。その辺は随時報告するとして、今回は「クロスワークス」さんと一緒に出展するって事を付け加えておきますね。ウチと同じく1年ぶりのディーラー参加です。

同社の製品はいろんなところで購入が可能ではありますが、直接見て触ってってのはこういったイベントだけなのでこの機会にどうぞ。担当者の対面販売なので質問などに対する返答もダイレクトです。例えば「こんな工具が欲しい」ってな直訴も有効かと思いますし、メーカーさんなど商談を持ち掛けたい方なんかもウェルカム!・・・だと思いますので宜しく~♪

なお聞いた話によると従来品のほか、特注品を作る際の「試作検討品」の販売などもするそうです。これは一般流通に乗せられない商品なので返せばWF限定商品って事になりますか?こういう機会でもないと出て来ないモノなのでお買い得だと思いますヨ。その辺の情報はクロスワークスさんの方で随時紹介されるだろうと思います。

クロスワークス・ブログ

以降もWF前記事は続きます。周囲の人たちの事も併記していければと思っていますが、その辺はけっこう直前とかになるかもですね。それでは引き続き宜しくです~。

【追記】

遅くなりましたが、早速タナベさん(JINTO)の新作がブログで公開されてますのでお節介ながらご紹介。

いろいろ作ってみましょうか
タナベシン・フェイスブック
タナベシン・ツィッター

丁度FGを喜久屋さんに持ち込んだ時に粘土埋めされたので現物を見てるんですが、コリャ良いですなぁ♪FFG(YAMATO USA)のキット版って風合いで、自分的にはGET確定!オリジナルの国産GKでここまで気合いの入ったものってそうそう無いと思いますしねぇ。まだ色がついてない状態ですが塗れば相当きますねコレ。サイズも1/6と洋GK好きにはジャストサイズ!オススメで~す。

|

FUTURE GIRL(再販開始)

原型が仕上がったので再販を始めようと思います。が、最初にスケジュールの話をしますね。通販は本日から開始ですがモノを発送し始めるのは2月10日以降からとなります。よって実質販売は「WFの方が先」になってしまうと言う・・・(通販分を確保して残りをWF持参)。ですから「WF会場での購入予定の人は通販を申し込まないでください!」

ホントややこしい事になっててゴメンなさい!更にWF準備なども有って「通販受付」自体を一時休止する場合もあります。その場合はアナウンスしますし後日必ず再開しますからご容赦くださいネ。

それでは通販の件。色見本はまだはありませんが取り急ぎ特設ページを作ったのでソチラでのご確認およびお申し込みをお願いします(本館のコンテンツ「国内通販」もしくはTOP更新情報の文字リンクから)。

Fgresale①フルセット・・・13,000円
②本体のみ・・・10,000円
③カスタムパーツだけ・・・3,000円

の3パターン有りますのでいずれかを選んでくださいネ。本体自体の価格は以前よりお安く提供させて頂きますが、カスタムパーツは点数が多んでちょっとした金額になってしまいました^^;。元々6パーツだった初版から脚の分割で2パーツ増えて8パーツ構成になった本体、ソコにカスタムパーツ19点とベース1点を入れた「①フルセット」だと一気に28パーツと相成ります。
因みに「カスタム01」で16パーツ使用し「カスタム02」で19パーツ、おまけ的な「カスタム03」だと27パーツという「アホらしい仕様ほどパーツ数が多くなる」という面白い結果になりましたヨ(笑)。上に書いた通りFGはワンフェスでも売りますし、以降の通販も続けますので作例を見て吟味した後でもOK!って事で宜しくです~♪

さて問題の抜きに関してですが、調子に乗って作ってたらパーツ数がエライ事に!しかもウチ史上ダントツの点数だったわけです。我に返って青ざめた結果「喜久屋」さんに泣き付きました~^^;。よって抜きあがりがWF直前になるわけですが、自分で抜いてたら通販はおろかWFにも間に合わなかったんじゃないの?と。「任せとけ!」と言ってくれた大将にホント感謝♪なんですが、ともあれコレでクォリティと数量確保はクリアです(そんな感じなので通販分の納品の件はゴメンなさい!)。

・・・と言って値段を抑えるにはどうしてもベースだけは自分で抜くしか無いって感じ。ソレをテストショットが上がってくるまでの間にせっせと抜き貯めておこうと思っマス。いろいろグダグダで申し訳ないですが、購入を考えて頂いている方は宜しくお付き合い頂けますよう宜しくお願い致します!

【追記】
すみません!思いのほか早く受注の予定数をオーバーしましたので、2月10日からの発送分に関しては一旦ご注文を締め切らせてください。受注自体はこのまま継続しますが、発送は1ヶ月後の3月10日あたりでお考え頂けますよう宜しくお願い致します。

|

FUTURE GIRL(再販分その3)

Futuregirlwork04黒スーツ装備と同じような海外のSF映画がモチーフでは面白くない・・・って事で同年代('60s)日本特撮のアレを参考にした金スーツ仕様が「カスタム02」です。パクリでは無くオマージュね(モノは言いよう。笑)因みに「黒」とか「金」とか色ありきで書いてますがその通りに塗る必要はないですよ。一部を変えるでも良いですし全然違う色で塗ってくれるってのも嬉しかったりしますので。

さて本題です。本体を作る時から気をつけてた事は「括弧良くならない事」で、そういう意味でこのカスタム02はキワモノじみてると思います。ヘルメットを被せちゃったらどうしたって括弧良くはなりません!且つダサい!!そしてソレが狙い(笑)。総スカンをくらいそうなオーラをまといつつ、しかし自分的にはけっこう好きな感じなのでACCEL的には有り!

設定は「ニセ何某」みたいな感じで「ニセ・フューチャーガール」ってイメージ。よってロボですよロボ・・・っつーか「それを言うならならアンドロイドやろぉ」てなトコなんですが、「ロボ」って言った方がダサくね?って事で。もしくは「ウソ臭い宇宙人」でも良いんですが、塗装でその辺はいかようにもできるので原型部分は「ベースとなる形を作る」に留めたつもり。
パーツ的にはヘッド周りに特徴を持たせて足元をごっつくしたらソレらしくなるのでは?って感じのパーツ構成です。コレマタたぶんこれ以上の装飾は「付け過ぎ」になると思うのでこのあたりが頃合かと。

Futuregirlwork05最後におまけ?で「カスタム03」”全部盛り!!”も出来ますヨ。しかしコレはもう・・・色が思いつかないですネ(笑)。やる人は居ないのでは?とも思うんだけど「全部盛り」なんで前髪パーツも「取付用前髪」を用意しました!
「何故メットから毛が出てる!」ってな感じですが、ネタ的にアホっぽい方が面白いかな?と(笑)。パーツを余らせたくない人はこの仕様にすれば殆どを使い切ることができます!
しっかしこれはダサいと言うよりバッタもんですね^^;。モビルフォース・ガンガルや太陽系戦隊ガルダン、もしくはザ・アニメージあたりにグラつくタイプの人にオススメ!・・・かな?(トリコロールカラーでどうですか?笑)

以上ですべてが出揃いました。後はスムージングとちょっとしたモールド造作程度なんで流石に見えてきましたネ。次の記事は通販開始のお知らせとなりますので宜しくで~す♪

(つづく)

|

FUTURE GIRL(再販分その2)

最初に配色を決めてソコから必要なモールドを作りました。初版の時(白・緑)とは違う配色を2パターンやりたいんですが、その為に「それぞれの色にそれぞれの追加パーツ」というように2種類用意しましたヨ。因みにこの追加パーツは全て一つにまとめて本体とは別に販売します。なぜなら前記事で書いたように初版を既に持っていて、パーツだけで良いって人も要るだろうから(よって専用ベースも追加パーツの方に封入となります)。

Futuregirlwork02マズは「カスタム01」ブラックスーツ仕様。

昔の洋SFを参考にしながら作ったのがこの「フューチャーガール」、そういうのが好きな人向けですからやっぱりあの仏のSF映画のコスチューム配色を少しでも踏襲したいわけです(ホントなら乳パッドはクリアーパーツの方が良いんだろうけど)。制約を設けないと違うモノになってしまうためにできるだけ少ないパーツでどうにか雰囲気を作ろうとしているわけですが、「う~ん原型イジりたい!」って感じ^^:。腕に覚えのある人はコスチュームのライン自体を変えちゃうなどして好きに楽しんでくださいナ。

パーツに関しては全身が黒づくめになるんで胸元に切り返し部が欲しかったのと、同じ理由で太ももあたりにワンアクション欲しかったんで画像のようなパーツを作りました。あとレイガンをデカくする事でちょっとしたパーツ追加だけの本体をボリューム的にフォローするって感じ。多分これ以上の装飾は「付け過ぎ」になると思うのでこのあたりが頃合かと。

Futuregirlwork03なおレイガンですが、収束した光線を射出するタイプの従来の装備にカスタムパーツをつける事で拡散光線に変更できる・・・ってどーでも良い設定(笑)。この拡散レイガンへの変更は初期装備のレイガンを挟み込む事でセットできます。ってもまぁこれから抜く過程に於いてレジンの収縮が許容範囲ならって事なんですけどもね^^;。

なお本体部分の変更点はニーソ上で分割したって事と、ダボを浅くすると共に薄い部分を肉盛りして気泡が噛まないようにしたつもり。地味な作業なんですが意外に時間を取られる作業なんですヨ。常圧で抜くしかない自分の場合は原型を粘土に埋める時に角度に気を使って、また型を分けるなどして丁寧に注型していくしか無い・・・
ってホントにソレでイケるのか?なんか記事を書いてて不安になって来たゾ^^;。
まぁ完成品とかの仕事でパーツ複製の作業自体はそれなりに慣れているので、できるだけ型を分けて小さく作ればなんとかなると思ってるんですが、果たして!

(つづく)

|

FUTURE GIRL(再販分その1)

Futuregirlwork01最初「2日おきに記事を書いて画像のアップが終わった頃にはFGの通販を始められる」ってな予定だったんですが・・・まだ原型弄ってマス^^;(完成品の更新は前回で終了ですヨ)。「本体は弄らない」と本年最初の記事に書いたわけで、それだけだったらいまごろ準備完了!なハズなんですけどねぇ。

分割の変更のみで本体は弄らないと言うのは変わらないんですよ。その本体を素体とみなして追加パーツを作るのに時間が懸かってマス。仕様としては「余計なモノはいイランねん!」って人ならば本体だけでOKで、既に初版FGを持ってて「ちょいカスタムってみるか?」な人ならば追加パーツだけの購入でもって感じ。それで最新版に変更可能なんですが、まぁ愚にもつかないヘンテコ装備なんで要らんかもしれませヌ(笑)。

さてこのFG、初回リリースの出だしは鈍かったんですが結局100個近く販売しました。GKで100って数字は無視できない数だと思うので「初版購入者にも楽しんで貰いたい」って感じ。あと8年前のモノなので多少なりとも遊びの要素入れとかないと見向きもされないんじゃないの?と。キットはそのまま2015WF冬の販売アイテムになります。よってブログ更新もこんなペースで更新してゆくつもりっス(ネタをひり出してでも^^;)。

ところで通販をWFの前に始める事に拘っているのは何故か?凄く単純でなさけ無い話なんですが「遠征資金が無い!」から(笑)。塗装をこなせば捻出できますが、それだとWFでの売り物が用意出来ないしって事でもっぱら原型を弄ってましたヨ。原型っても本体の加工は分割の変更のみなので「追加でパーツを用意しても2週間もあればイケるんじゃね?」・・・って見積もりが甘かった(上手く行かないもんですねぇ^^;)。

って事でテキストオンリーの記事とかキットと関係の無い話題も出てくるかもですが引き続き宜しく!

|

鬼猿(HEADLONG)

Onizaruimage02ワンフェスにディーラーとして参加しはじめてより、「厄介だった」記憶は2008夏の「エスカレーター事故」・・・の翌年の「幕張メッセへの移転」と「2014冬の大雪」。エスカレーター事故は主催者および当事者が大変だったろうと思うんだけど、ディーラーとして卓に括りつけられている人間にとっては特に問題はありませんでした。ただ空調の利かない1Fを回避した入場者が2階に殺到した事で人口密度が上がって蒸し風呂みたいになってたって以外は(笑)。因みにメッセ移転は仕方ない事を承知の上で言えば・・・やっぱビッグサイトがエエですわぁ(メッセは遠く感じる^^;)。

そして2014冬。今までも大雪には遭遇した事はあったけど、予約したホテルにチェックインも出来ずに会場入りしたのは初めてでした。それでもマシな方で、荷物が届かず卓上がすっからかんの所やディーラーが大幅に遅刻したりと言う前代未聞の有様だったわけです。

・・・そして赤尾クンもそんな一人。彼が到着したのは閉会のアナウンスを聞いた皆さんが拍手をしている時で、その日の為にせっせと抜いていたのが「鬼猿」って寸法。モチロン販売が出来ようハズも無いわけですが、自分が引きとめていたお客さんにイベント終了後に数体販売して終りました。

その後に販売したのは昨年秋のトレフェス神戸のみ。通販もやると言ってましたが多忙につき実現できなかったので今度のWF(2015冬)が関東方面への実質的な初売りって事になりますね。作例は塗装サンプルとしてトレフェス神戸の展示用に塗ったモノですが、コレはこのままワンフェスで展示されると思いますのでじっくり見てあげてください~。

なお完成品アップの最後が作例紹介と言うよりヘッドロングのキット紹介となってしまってますがその辺はご容赦!

ほいではまた~。

|

マーダちゃん(ケセランパサラン)

Murderchanオリジナル・フィギュアを作る人は少ない」ってーのはご存知かと思うんだけど、ソコに「キャラが立った」と付け加えると更に少なくなってしまいます。「そのジャンルの頂点を支える土台部分が」・・・と言う言い方は語弊が有るので言い直すと、「支える裾野が広いほど高さが稼げる」と思うんですよねぇ^^;。つまりもっとオリジナルを作る人が増えれば特長的で魅力的なアイテムも多く排出されるのではないか?

・・・と、そんな事をずっと考えてる人間にとってローランさんの手によるこのフィギュアは鮮烈でした。原型をしていると「上手くあろう」とするのが性だと思います。しかし氏の場合は自身の脳内イメージの排出が主目的のように感じられますよね? 製作中に固執してしまう整合性やモールド造作に腐心しているのがバカらしく思えるほどマーダちゃんは個性を放っていて、イメージの構築が最優先って感じの勢いが備わってると思いました。AACのインタビューに「なるほど」と思えるコメントが掲載されていますので参考までにどうぞ

豆魚雷AAC(Amazing Artist Collection)

「上手いですね」と言われるモノより「これイイなぁ」って言われるモノの方が良く売れるってのは経験上&周囲を見渡してもそうだと思います。よって「購入する」という行動はホンモノの評価で有り、マイナーながらもその評価を多く得た「マーダちゃん」は多くの人心を掌握したって事と同義かと。正に創作活動の本道を地で行ってるケセランパサランさんは迷いが無くって良いですねぇ♪以降も注目のディーラーさんです。

|

Vampirella(Monsters Direct)

Vampirellapaquetキットの初リリースから数年後「キットコング・モデルマンション」からエラく凝った装丁で再販されたんですが、本品は初版の「モンスターズ・ディレクト」製です。原型師は「ウィリアム・パケット」、抜きは「アースバウンド・スタジオ」で、造型&抜き共に洋GKの中でもいまだに最高品質の部類ではないかと。尚、本キットの事は本館の当該ページに書きましたのでココでは補足的な事を。往年の洋GKファンなら知ってても、そうでない人は判らないって事もあるでしょうし。

「モンスターズ・ディレクト」ってのはネットショップなんですが今はもう稼動して無いんじゃないでしょうか?トイの方では日本のエクスプラスの米国代理店的側面を持ち、自社製GKでは日本人原型師を起用した高品質のGKをリリースしていました。代表作に通称「大山エイリアン」とかビリケンサイズの「リターンズ版バットマン」などがあり、また同社のスーパーマンも凄く出来が良かったですね。特徴としてはいずれも「上品な佇まい」と「高品質な成形」が挙げられると思います。

その頃の「アースバウンド・スタジオ」は「抜き業者」さんとして有名なんですが、自社製品として1/1サイズのB級モンスターヘッドをリリースしていました。その品質の高さから海外ディーラーの多くから抜きの依頼を受けるようになり、一時期モンスターズ・ディレクト以外の洋GKも軒並み「成形が綺麗」と言うファンとしては嬉しい状態だったわけです。
10年近く前の話ですが、この頃のパケット原型のキットは凄く抜きが良いはずなので所有している人は確認してみるってのも一興かと。ところでその頃の洋GKって良作が多かったって印象があります。いま思うとほんと勢いがあったという感じで。

「10年経てば一回り」って感じでソロソロまたそんな流れが来ると良いな~と一ファンとして思うワケです。因みに一時期は映画の仕事などでGK成形を休んでいたアースバウンドが昨今またGKをリリースしだしましたネ!アイテムは昔と同じくB級およびフェイマス・モンスターズ・ヘッドでかなり出来が良いと思います。ブラックハーツで販売しているようですので好きな人は要チェックですネ♪

Black Heart Enterprises

|

GUILLOTINNA(FEWTURE MODELS)

Guillotinna私的に「待ってました!」な依頼品だったのでイメージトレーニングは充分。どういう風に作って塗りたいか?がコレほど明確だったアイテムも希で、カラーバリエーションでも4~5点くらいならスグに提案できるってくらいに妄想してました(画像は加工中のモノ)。
思うにギロチーナはどんな配色でも似合うと思うんですが、例えば「褐色肌&白スーツ」なんてストームカラーでも括弧良いし、「緑色肌&紫スーツ」なんてグリーンゴブリン配色でも映えるだろうと。そう!アメコミ配色がことごとくハマるキャラだと思うのでカラーバリエは無限大!(但しトーン諧調の調整を誤ったり色を切り替える場合のポイントを見誤るとパチモンみたいになっちゃうかもですが)。

ところで「前に黒で塗ってましたよね?」と良く言われます。あの作例は怪物屋のペインター「岡本クン」の作例ですヨ。出来がとっても良かったんでウチのブログで紹介したんですが、今回のお客さんもその印象が強かったらしく規定色にするか黒スーツにするかで悩んだようでした。

上に書いたような事をいろいろ考えてはいたものの、しかしイキナリぶっ飛んだ色で塗るよりマズは赤で塗りたかったってのが本音なので結果的に赤スーツに決まって良かったです(笑)。ギロチーナはホント好きなGKなので何体でもドンと来い!・・・なんて思いながらも実のところは「ギロチーナみたいなイカした原型を作りたい!」だったり。しかしコレってほんと果てしないと感じます。粘土をいじる機会が少く原型スキルの蓄積の無い人間が目標とするにはかなりのハードルだと思いますが、まぁ高い目標を掲げるのは悪い事では無いと思うので。

さてそんなギロチーナですが、本館にアップしときましたので良かったらごらんくださいませ♪

|

Emily with Dickey(ニューライン)

Beyond画像は盲導犬のディッキーなんで、エミリーさんを見たい人は本館で宜しくです♪

さてこのキット、かなりコアなアイテムですね。エミリーはルチオフルチ監督による「BEYOND」っつーゾンビ映画に出てくるキーパーソン・・・ではあるものの主役では無く、洋GKでも見たことの無い立体物なんでコレが判る人が居るのか?レベルの代物だと思います(まぁでもビヨンドでフィギュアを作るってなったら彼女になるわなぁとは思う)。それでも海外の模型イベントで売るならまだしも日本のワンフェスでって・・・^^;。

限定30個は即日完売だったらしいので需要はあったって事だと思うんだけど、いやはやよく踏み切ったものだと。でもこういう事をやってくれるとGK好きとしては凄く嬉しいですね。同じフルチ作品の「サンゲリア」とかのフィギュアとかもGKで出してくんねーかな?とか思ったり。

因みにこのGKを自分は買い逃してます。存在を知ったのが後日で「教えてくれよ山岡クン!」なんて思ってた時期にお客さんから依頼が来ました。そら嬉々として塗りましたねぇ、この手のクラシックホラーものってなかなか依頼が来ないので。こういうのがいっぱい出てくると嬉しいんですが・・・まぁ版権の絡みがあるんで日本じゃナカナカしんどいかな?と。

ところで上に名前の出た「山岡クン」ってのはこのフィギュアの原型師です。最近では豆魚雷で受注しているGeccoのメタルギア グラウンド・ゼロズ版スネークの原型も彼が担当でした。見たら判ると思いますがめっちゃ上手いですよ。なかなか居ないレベルの実力者だと思います。リンクを貼っておくので見に行ってみてくださいよ。

MGSグラウンド・ゼロズ スネーク 1/6PVCスタチュー

ほんで気に入ったならばポチッとな・・・ってケッキョク宣伝かい!って話ですが、まぁそういう側面も有るや無しやって感じで(笑)。ほんでもって彼のブログは下のリンクからどんゾ!個人的に作ってるオモロイのんとか見れますんで。

粘土こねブログ

|

Valtiel(TRIMS Ver.)

Valtielrepaint故トリムスの彩色版バルティエルのリペイントをしました(ってもモノ自体はヘッドロングのGKと同等品)。お客さん曰く入手困難だったとかで、当時の売れ行きの鈍さを知っている人間からしたらピンと来ない話でもあります。でもフィギュアって案外そんなものなのかもですね。さて詳細は本館にアップしときましたので「またかよ!」とか言わずにご覧くださ~い。

ところでトリムスの彩色版バルティエルもそうなんですが、同じく三角頭などペイントマスターは自分では無いですヨ!たまに聞かれる事が有ったので・・・ってどっちでも良いか?量産品にウチの彩色が反映されていると感じた事ってあんまり無く、担当する事で製品が良くなるとも思えないし^^;。
塗装済みフィギュアのクオリティを左右するのはペインターでは無く生産を管理する担当ディレクターの能力に尽きます。ペインターの仕事は商品の宣伝用写真において「如何に原型の持つクオリティを引き出して皆さんに伝えるか?」この1点だけなんですよねぇ。

よって「量産品になったら劣化した」って認識は正しくなく、元より違うモノなんです。彩色する素材も違うし使う塗料も違う、工程も違えば手数も違うわけなので比べるものでは無いってのは判りますよね?そもそも値段がまるで違います。そんな条件をクリアしつつペイントマスターに如何に近づける事ができるか?に奮戦するのが上記のディレクター。つまり完成品のレベルを左右するのはペインターの腕では無くディレクターの手腕なんですよねぇ。

って関係の無い話を挟んでしまいました^^;。さて画像のアップは不定期では有りますが頻度高めで更新してゆきます。「見てやっても良いゾ」って人はお付き合いのほど宜しくお願いしま~す♪

|

2015年

あっという間に1年が過ぎ、どうにも上手く事が進まないまま新年を迎えてしまいました・・・ってのは毎年の事では有るんですが、ともあれ新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくです~って事なんですが、ブログ更新しなさ過ぎ&HPの方は更に酷いって有様で面目次第もございません(^^ゞ。

2015topimageこのままでは「忘却の彼方」となるでしょうし、WFも近いんで取り急ぎ去年やった作例なんかを順次アップして行こうかと。併せて旧作の再販なんかも場当たり的にやる予定です。
アイテムはFG。「自分で抜く事を前提に選別したらフューチャーガールくらいしか出来そうな気がしない」という消極的な理由なんですが、意外に再販の問い合わせが多いのもこのキャラだったりするので。

しかしこのアイテム、かれこれ8年前のモノなので色んな面で稚拙なんですヨ。修正したいところなんスが、しかし以前に試みて失敗した経験も有るんですよね~。原型をやっている人間なら判ると思うんですが「昔に作ったモノを再リリースするなら手を加えたい!」ってのは性ですよね?でもGKファンの目線からしたら「ソレをしたら別のモノになる」ってのも判る話。手を加えたいと考えるのは原型師のエゴで、しかし実はユーザーはソコを望んでいないというネ。

なので昔に作ったそのまんまで出します。ただ本体とは関係の無い部分、例えばベースなんかを付け足すのは有りだと思うんですヨ。あと抜きの事を考えて分割の変更とか。ソレくらいの改修であればイメージが損なわれることも無いハズなのでソノ線で行く予定。準備が整ったらまた告知しますので買い逃した方とか居ましたらお考えくださいませ♪

ではまた!

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »