« 2015年 | トップページ | Emily with Dickey(ニューライン) »

Valtiel(TRIMS Ver.)

Valtielrepaint故トリムスの彩色版バルティエルのリペイントをしました(ってもモノ自体はヘッドロングのGKと同等品)。お客さん曰く入手困難だったとかで、当時の売れ行きの鈍さを知っている人間からしたらピンと来ない話でもあります。でもフィギュアって案外そんなものなのかもですね。さて詳細は本館にアップしときましたので「またかよ!」とか言わずにご覧くださ~い。

ところでトリムスの彩色版バルティエルもそうなんですが、同じく三角頭などペイントマスターは自分では無いですヨ!たまに聞かれる事が有ったので・・・ってどっちでも良いか?量産品にウチの彩色が反映されていると感じた事ってあんまり無く、担当する事で製品が良くなるとも思えないし^^;。
塗装済みフィギュアのクオリティを左右するのはペインターでは無く生産を管理する担当ディレクターの能力に尽きます。ペインターの仕事は商品の宣伝用写真において「如何に原型の持つクオリティを引き出して皆さんに伝えるか?」この1点だけなんですよねぇ。

よって「量産品になったら劣化した」って認識は正しくなく、元より違うモノなんです。彩色する素材も違うし使う塗料も違う、工程も違えば手数も違うわけなので比べるものでは無いってのは判りますよね?そもそも値段がまるで違います。そんな条件をクリアしつつペイントマスターに如何に近づける事ができるか?に奮戦するのが上記のディレクター。つまり完成品のレベルを左右するのはペインターの腕では無くディレクターの手腕なんですよねぇ。

って関係の無い話を挟んでしまいました^^;。さて画像のアップは不定期では有りますが頻度高めで更新してゆきます。「見てやっても良いゾ」って人はお付き合いのほど宜しくお願いしま~す♪

|

« 2015年 | トップページ | Emily with Dickey(ニューライン) »