« WF夏03「進撃。」 | トップページ | WF夏05「鉄分多目の・・・」 »

WF夏04「オリジナルですよ!」

Wf15sum11longlong

実は彼の世界観が好きで昔から買いこんでるんですが・・・最近買えてません。資金的事情で前回および今回共に見送ってしまったんですが、ココの良いところは結構長く売ってくれるところ。そのぶん当人に負担も有るんだろうケド、継続して頑張ってるんで凄く応援したいんですよねぇ。ってか特技が「鳩を捕まえられる」って・・・捕って食うのかよ!意味ねぇ~(笑)。

Wf15sum12と言うようにちょっと変わった人なんだけど、その天然さが面白くってつい弄ってしまいます。しかしあの広い会場、人ごみなのにエンカウント率高いんだよねぇ。波長が合うのか?いやソレは無いな。
ともあれ作るモノとかは当方のツボにハマるし雰囲気が有るので好きな原型師なんです。さて新作のリリィちゃん、可愛いです。パンツルックのセーラー服にベレー帽、足元が編み上げのトレッキングブーツってのがイイ感じ。大型のナップサックがポイントになってるし立ちポーズも自然だね。

Wf15sum13懐かしい「シンカー」はあらためて見るとかなり好みです。コレ買ってた記憶が有る様な無いような・・・確認してみないと定かではないんだけども、なんなら2個くらい持ってても良いので次回に余裕が有れば買っておこう。オリジナルって色を変えたりして楽しめるんでいいよね?因みに過去を遡ってもシンカーちゃんは一番の売れ線だそうな・・・ってメイフェアより?


Wf15sum14小林君の作る中では一番上の年齢層では?な「グリゼルダ」は、よって姉さんと呼ぼう。しかしこうやって並んでるのを見るとほんとオッパイ作らないよねぇ。コレについて聞いた事はないんだけど、何のコダワリなんだろうか?それとももしかして少年?・・・いや、無くても雰囲気があるんでどちらでも良いんだけどね。ともあれなかなかこういうのを作る人が居ないので貴重です。そしてイラストが公開されてる新作もまた良さげ♪

Wf15sum16軽音堂

臼井さんも独特です。彼も後続に影響を与えている原型師の一人だと思うんですが・・・個性的過ぎてまぁ追従できませんわな。作風を真似ればパクリと言われる事間違い無しだし、どんなアプローチをしたところでこのアレンジ力の前では霞むでしょう。因みに自分が初めて一般客で入ったワンフェスのワンダーショウケース選出作品が臼井さんの「春麗」でした。キャラモノなのにアレンジによって本家より魅力的な立体物になっているのが印象深く「なんだこれ!」って感じ。不詳あっしもその数年後にWSCに選出して頂いたので、言えば大先輩なワケですが才能の差は歴然です。ってか完全に方向性が違うので比べるもんでも無いんだけど、そんなこんなで毎度眼が離せないディーラー。

Wf15sum15そして画像は無いですがグッスマさんの金剛(胸像)がスゴイ。艦コレに興味はないけど「コリャまた!」って感じですよね? 過去作の「チョコレート工場長」とかインパクトの塊みたいな造型をする人です。そして長年頭を離れないのが彼が昔に作った「マリオ66半身像(ブラックマジック)」、その後「軽音堂」の卓上に並んでいるのを見たことが無いんだけどもアレは凄かったですヨ・・・ってか昔話になってしまいましたネ(^^ゞ

今回は2点とも新作で相変わらずの臼井節は健在、次にどんなの作ってくるんだろう?と良い意味で読めなくて毎度面白いディーラーさんなんで注視しています。

Wf15sum17CLIPS

原型師NOAさんのディーラーで彼女との付き合いも長いです・・・が、今回の展示は相方さんの新作でしかもオリジナル!彼は最初からオリジナルをやってるんですが本業との兼ね合いでなかなか完成しないそうな。でもキッチリ完売してるワケで甲斐があったのではないかと思うんです。今やペイントだけでも仕事が取れる実力者のNOAさんと原型を作る彼、良いコンビだと思います。たぶん今回の作例はNOAさんが塗ったんだろうけど、デコレーションに至るまで気が回っててホント上手い!そしてその展示台は毎度の事ながら抜かり無しで天晴れです。

Wf15sum18リアルフィギュア応援団

音頭を取って引っ張っているのは林浩己さん、大御所です。上手いです。ってか最近は作風に変化が出てきてるように見受けられるんですが3DCGの導入が影響してるのでしょうか?躍動感や臨場感、そういった空気感が際立ってきてるような感じ。「ココに来て更に進化するんだ・・・」とホンモノの底力を感じました。

Wf15sum19自分は1/6サイズの氏のフィギュアが好きで結構持ってまして、最初はとにかく原型製作の参考にしていたんです。特に1/4サイズのモノは今でも卓上に有り参考にさせて頂いてるワケですが、そんな方とお話する機会が訪れる日が来るとは・・・ですね。人生何が有るか判りません&続けていれば得るものは必ず有る的な。

Wf15sum20ただミニチュアの塗装っていつもやってる事と違うんですよねぇ。勿論やりだしたら何とかなるんでしょうけど、買い込んでは居るもののナカナカ手が出ません。伊藤さん手ずから原型の「アシッドバッファーゾーン」も1/35だし、最近とみに付き合いの深くなったカステンさんのメインも1/35、周囲のミニチュア勢が勢力を増してきている感があります。
「ココはイッチョ噛んでた方が良いのか?」とは思っていないものの、ストラクチャーを絡めたり巨大生物を併せて作りたい場合は有効ですよね?・・・ってか、そもそも原型を作ってる時間を捻出できない人間がいう事ではないですが(^^ゞ

Wf15sum21Piece

以前に見かけたのが2011年の夏だったのでちょうど4年前ですね。久しぶりにブースを見て回る時間を作れたので今回久しぶりに立ち寄ってみましたヨ。展示の仕方や世界観の構築などが更に充実・進化しています!このブースの一帯だけ切り取られたような異世界感があってつい引き込まれる感じ。毎度同じような展示の仕方しかしないウチとはえらい違いです(^^ゞ。
そして4年前に売ってたモノも今回売られてまして、しかもその殆どがソールドアウト!・・・って事はジワジワとファンを増やしつつ、且つ歳月を経ても飽きられないと言う事ではないかと。

Wf15sum22そして更に新しい試みも。完成品の展示販売をしていたんですがこのクォリテーのモノをこの価格で!って感じ。スゲェです。本気です。価値有りマス。こういう気を吐いてるディーラーさんが居らっしゃるから散策は面白いしこの業界もまだまだイケると思えるわけで、勝手ながら英気を頂きました。ご馳走様です。

(つづく)

|

« WF夏03「進撃。」 | トップページ | WF夏05「鉄分多目の・・・」 »