« WF夏04「オリジナルですよ!」 | トップページ | WF夏06「想像力」 »

WF夏05「鉄分多目の・・・」

Wf15sum23Kampf Riesen mars

基本メカ系は趣味的に埒外なんだけど、もちろん男子たるもの嫌いなワケが無い。特に使い込まれたメカには言い知れぬ哀愁があって凄く魅力的に映るワケです。しかもドイツ語で表記された日には「ん、なになに?」ってなる。正直あんまり頭が良いとは言えませんが、しかしソレが男ってもんで・・・っていーから記事書けよって話ですね。すみません(^^ゞ

Wf15sum24海外のSF映画に出てきそうなデザインで良いですねぇコレ。そしてけっこう大きいんですよ。ソレがこの価格って買いやすくないですか?以前に「フューチャリスティック・モデル」 さんが海外の創作メカ専門レーベルの「インダストリア・メカニカ」とタッグを組んでた時期がありましたが、同じようになっててもおかしくないような作りこまれ方をしてると感じました。
(※因みにI.M.は映画のコンセプチュアルデザインを任されるような人がデザインしてたりするので扱う商品のレベルが総じて高いです。)

Wf15sum25設定がしっかりしているからなのかデザインにブレが無い感じがしますし、大きな面が使われている箇所もあって塗装が面白そうですよね?「リーゼンパンツァー」と言う人型重機だそうですよ。なんかカッチョいい♪そしてソレを良い感じに引き立ててる展示とか、思わず見とれてしまいますねぇ。特にジオラマ仕立てにしていない「パイン材に焼き刻印」のシンプルベースがこんなに決まるとは驚きです。凄くセンスが良いと思いました。

Wf15sum26モデリズム

ウィーゴでかっ! 今や「知らぬモノは居まい」って位にビッグネームとなったモデリズム、超久しぶりに覘いてみたらドカンとデカイのが置いてありました。まぁまぁ大きい「チューブ1号」と比べてもこの違い、正にジャンボマシンダーですな。やらかしたのは千値練さんらしく「お試し」だそうなのですが、ウィーゴがこの大きさだとあんま可愛く無い・・・ツカ不気味。面白いケドも(笑)。

Wf15sum27って事で買うならやっぱ1/20あたりだよねぇ。なんせフィギュアのサイズが充実しているスケールだから。メカ単体で所有感ありそうなのは中央に鎮座する1/12スケールあたりが魅力的なんだけど、併せるフィギュアが美少女とかばっかりになりそうなんで・・・って、だからか!策士よのう(違ってたらゴメン)。

小林クンに会うのもホント久しぶりやったんですが憶えてくれてるのが嬉しい。作ったモノが好調で色んなところから声が掛かるみたいだし、なにより別嬪な奥さんが居るってのがうらやまし過ぎる!・・・っても頑張ったんだからそうなったんだろう。元から自力が有った人なんで、きっかけさえ有れば一気に駆け上がるって典型なのかも? この今の流れのウチに新機軸を開発しようね、なかなか忙しくて大変だろうと思うけども。

Wf15sum28海ねずみ

今回実物を初めて見たんですがスンゴイ迫力です。正にマッシヴ!、塊です。と言って小気味良い流麗なラインを持たせているところなんかがサスガ鬼頭さんって感じ。大筋のライン取りが巧みだから間を持たせる為のモールドが最小限で済み、見せ場的な部分の造作をポイントを絞って集中させている。そんな緩急の絶妙なバランスによって構成される独特のフォルムは鬼頭さんにしか出せないんじゃないかと。

Wf15sum29そんな独特な造作を「鉄人28号」というみんなが知ってるキャラクターに施しているワケで、パンチが強いにも程が有るって感じ。メチャクチャ括弧良いですね、そら欲しくなりますわぁ・・・って事でジャンケンや抽選を掻い潜った知人が尽く入手しています(笑)。お値段もボリュームに比してお手頃で、その価格を維持するためにご自身で抜いてらっしゃるとの事。レジンの複製をしたことの有る人間なら判ると思うんですが、あのボリュームならば1体抜くだけでも相当大変なハズ。またソノ前にどんだけデカイ型を作らねばならぬのか?って感じ。ほんとお疲れ様です~♪・・・なんですが、そういう製品を食い物にしている輩が居るってホント残念。

Wf15sum30彩色の方もスゴイですねぇ、もう完全に金属ですコレ。シルバー基調の方は今回あらたに塗った色みたいなんですがコッチもまたイイ。こんな完成品がドン!とあったら絶対に目を惹きますよね?「GKっていい大人の趣味なんだなぁやっぱ」・・・と勝手に納得してるわけですが、聞けば再販の可能性は有るそうですよ。本気で欲しい人、諦めずに直接鬼頭さんの手から買いましょうネ!

(つづく)

|

« WF夏04「オリジナルですよ!」 | トップページ | WF夏06「想像力」 »