« WF夏07「サブカル系」 | トップページ | WF夏09「この方達は・・・(笑)」 »

WF夏08「色っぺぇ(>_<)」

Wf15sum47HELL PAINTER

SH4中もっとも怖ぇクリーチャー「シンシア・ゴースト」ことVICTIM 16を立体化したのがヘルペインターさん。やってくれましたねぇ。顔が怖いよホント・・・なんですが、シンシアは元々ヒスパニック系の美人です。ウォルター・サリバンの行おうとしている秘術の為の犠牲者となった彼女ですが、ゴーストとなってさまよい歩く姿は貞子か伽椰子かって感じで凄く怨霊めいてます。元来美人の彼女がゴーストになったとて美人は美人のハズなんですが、キービジュアルではわざとブレ顔にしているために鼻から下の形状がおかしな事に。

ソレをそのまま立体化したらこうなる・・・ってのがヘルペインターさんのキットだろうと。このキットの評判がどうだったのかは判りませんが全然有りだと思いますが如何でしょう?もっとちゃんと見たかったんですが時間も無かったので取り急ぎ撮影だけでもって感じ。

Wf15sum48なお色っぽくはないですが同卓に置かれていた風神が凄く良かったのでコッチの画像も載せておきます。昔の金剛力士像といい高橋さんはホント仏像が好きですねぇ。その好きがこもってて迫力の有る良いモノになってると思います。むかしは木彫りだったろうモノがこうやってレジンとして出てくるってソレだけでも嬉しいですよね?また好きなモノを作るべきGKに於いてこの試みには共感できます。GJ!

Wf15sum49Roswell Japan

スペイン発「アブナー」さんって方の「Caracolilla」の実物を見たい!って事で撮影に行って来ました。Caracolilloがカタツムリなので自分は勝手に「蝸牛女」と呼んでますが、美しいですよね~♪ アブナーさんの本業は3DCGアーティストって事ですから、この蝸牛女も立体プリンターで出力したって事なのかな?まぁ実際に目の前に有る物が良ければソコまでの経過はどうでも良いんです。

でこのキット、サイズに比してお値段が張るわけですが今の為替レートを鑑みると仕方ないのか?ソコにシッピングとマージンを載せるとこの金額になるって事かぁ。うーん自分基準の予想より1.5倍の金額ってのは二の足踏むのに充分です。「欲しい!でもなぁ・・・」って事でブースの前で悶々と眉間にシワを寄せてたワケですが、そんな貧乏人はほっといて「買っちゃうよ!」って人はコチラ 、予約受付中って事なのでピピッと来たらポチッとどうぞ!

Wf15sum50しっかしマジでイイですコレ。実物を見たら余計にそう思う。価格については上記のように感じるものの、それでも諦めがつかないほどに美しい。造作はモチロンの事レジンの質なんかも良さそうなんですよねぇ。なので購入資金が融通出来る人ならば迷ってないで買っといた方がイイですよ・・・とオススメしておきます。

因みに原型をされた「Abner marin」さんのHPは→「Abner marin online portfolio」。以降こういったアプローチを続けられるのかどうか不明ですが「是非!」って感じ。

Wf15sum51小抹香

こちらの方も3Dみたいです。ほんと多くなりましたよねぇ、色んな意味で時代が変わってきていると感じます。だってコレだけのモノを手原型でされる方だったらとうの昔から知ってたろうと思いますし・・・って全然存じ上げて無くって申し訳ないんですが、ブログを拝見するとイキナリこのレベルのモノが出てきた!って印象なんです。
この雰囲気ってじっくり積み上げて出来るモノだと思ってたので驚きました。と言いますかお三人で活動されてるようなので、モノによってタッチが違うという事なのかな?いずれにしても良く判ってないんですが、ともあれこのフィギュアは良かったですヨ。とってもコケティシュで正に小悪魔!(ってまんまですけど^^;)。
「あとちょっとでフルスタイルなのに勿体無いなぁ」と思うのは、この感じで行くと足先が綺麗だったろうと想像できるから。ま、そうするとかなり大型のフィギュアになっちゃうんだけどもネ。

Wf15sum52BEER BELLY

イイですねぇこういうの大好きです。日本人らしくないタッチが最高! 以前にネット徘徊している時にブログを拝見した事が有るんですが、上手い方だと思うんです。なにより思いが入ってる感じがして「こういうのが好きなんです」アピールが伝わってくる。そしてこの顔、普通作れないと思いますョ日本人原型師には・・・ってか多分作らない(笑)。国内にあっては凄くめずらしいのでコノ路線をもっと極めてって欲しいなぁなんて。

Wf15sum53かねがね実物を見てみたいと思っていながら自ブースを離れることが出来ず、しかし今回は偶然前を通りがかったという事でコレ幸い!と撮影させて頂きました。しかし時間的余裕が有るワケでは無かったのでそそくさと退散したんですが、お話でも聞ければかなり盛り上がったのかもしれません。なぜなら作品を見てると同じ嗜好を持っているような気がするから(笑)。次のチャンスは半年後かな?その時にならないと今回のように出歩けるか判らないんですが、前日搬入でキッチリ作業を終らせることができたら開始前に伺う事は可能かも・・・って半年も先の話ですけども(^^ゞ。

Wf15sum54そしてこのお姉さん、凄く括弧良い♪東洋系の顔立ちですが、日本人では無い的な。タランティーノやロバート・ロドリゲスの映画に出てきそうな感じでとってもCOOL!総じて衣装がシンプルなんですがコノ辺を作りこんだら相当目を惹く、また模型的にパンチのあるフィギュアになりそうな気がします・・・ってその辺はフィニッシャーの方でやれば良いか?そう考えたら無性に弄りたくなってきます。ビアベリーさんとこのフィギュアって本気で弄ったらかなりのモノに仕上がると思うんですよねぇ・・・ってもソレをする時間は捻出できそうに無いんですけども(泣)。

Wf15sum55唐詩郎

元コブラ会の唐詩郎さんが独立してブースを出してました。その名も「唐詩郎」・・・ってまんまぢゃん!そもそも本名じゃ無いのでソレでも違和感は無いですし、判りやすくってイイんですけどね(笑)。因みに「コブラ会」は舎弟(って言ったら怒るかな?)の「ワイ乙」クンが引き継いで精力的に頑張ってるみたいですヨ。
さて画像は「メルモちゃんの大人Ver.」。再販らしいんですがこんなの作ってたんだぁって感じ。自分がまだフィメールフィギュアの塗装に慣れてなかった頃、ソノ当時に皆から褒めて頂いた彩色が「ヤマウラ3Dイズム」さんの「メルモちゃん」とコブラ会の弥生(司淳キャラ)でした。

Wf15sum56そのヤマウラ・メルモちゃんのGKは唐詩郎さん的にもド直球だったらしく、時代を経て自分も作りましたよ~ってな作品ですね。上記のような事から自分も思い出深いキットだっただけに、またソレを作ったのが唐詩郎さんって事も有りガッツリ撮影してきましたよ。ってかもうこれエロ・フィギュアですやん!めっちゃ光ってるし~(笑)。もう唐詩郎さんの思いがふんだんに詰まってて思わずニンマリしてしまいました。


以上ディーラーレポートはこんな感じで終了です。今回は久しぶりに結構書きましたよね?ココに来るまでに掲載した画像は50枚を越えてます。ちょっと頑張ったんじゃないですか?(って自分で言うのもなんですが^^;)

「ほんとはもっと回りたかった」と言いますか、アダルトゾーンが近くだったのでソコをガッツリ見ときたかったんです。でもけっきょく時間切れでゾーンに入ることさえ出来ずに終ってしまいました。そのほか企業ブースやコスプレなんかも撮影して回りたかったなぁ。そういう意味では自分がやりたかったレポートのコレでも半分も出来てないんですよね。それくらい会場は広く面白い事をやってる多くのディーラーがひしめいてるって事なので、是非自分の目で確かめて頂きたいと。

って事でレポートは本日でお終い・・・では無く「番外編」に続きます(ちょっとだけネ)。ココまで読んでも飽きなかったって人は引き続きお付き合いのほど宜しくお願い致します♪

(つづく・・・んだなコレが)

|

« WF夏07「サブカル系」 | トップページ | WF夏09「この方達は・・・(笑)」 »