« WF夏08「色っぺぇ(>_<)」 | トップページ | WF夏10「うるとら」 »

WF夏09「この方達は・・・(笑)」

Wf15sum57HORIZING

「WF1回につきGKを1個購入」ってのがウチの通例になりつつ有るんですが今回の品は「The Creature」。なんだかんだで最後の最後、閉会ギリギリに行ったら既に撤収を始めてましたネ。しかしなぜか机の上に1個だけポンと置いてあったので「コレなんすか?」と聞くと「売れ残ったんです~」って事だったので「ほな頂きます~」って感じ(因みに画像は前日搬入および準備中のホライジングさん)。まさかコレが売れ残ってるとはラッキー!・・・ってか俺に「買え!」とキットが訴えかけてる?なんて(笑)。

Wf15sum58その日の晩に早速ホテルで開封、嬉々として撮影してるところです。むっちゃエエですコレ!上手いなぁアンディさんは。オリジナリティ溢れるこのアレンジは言う事無しです。資金的に散財は厳しかったとは言え、でもコレを見ちゃうとやっぱ「The Monster」も欲しくなります。しかし世界中探したとしてもコレほどオリジナル要素が完成されててレベルの高い造作のGKってなかなか無いと思うんですよ・・・それがスルーされるってしんどいですねぇホライジングさん。まぁ地道にやっていかないとって事なのかもですが。

Wf15sum59ところで7ホールにエヴァ・ブースがドカンと出現してました。何をアピールしてるのか良く判らないのはエヴァンゲリオンにさほど興味が無いからなんですが、「オロチ」が置いてあればそらフラフラと寄ってゆきまする。国産のスーパーカーですよ皆さん!「コレがそうかぁ」と実車の迫力を満喫すると伴に外装の詳細も間近で見て・・・って色がうるさくてフォルムが良く判りません!(笑)まぁコレはコレで面白くって良いんですけども(^^ゞ。しかしあの会場で見てもオロチはデカイですねぇ。こんなのが公道を走ってたら皆が振り返ること間違いないと思うんですが、オーナーは怖くて車を止めて離れる事も出来ないだろうなぁと(それが高速のSAみたいなところでも)。

Wf15sum60いきなりですが唐詩郎さんです。マッスルフェチで牌乙党のひょうきんな方です。因みに自分が好きなのは脂肪の巻いた下腹部で胸の大小は特に・・・ってそんなカミングアウトは良いか? しかしほんと久しぶりに会いましたが全然変わんないっすネ。しょっぱなにイキナリ撮影した時の「爽やかイケメン風」が面白く無かったので「ちょけてください」と頼んでしまいました。そんな無礼なリクエストにもしっかり答えてくれる唐詩郎さんは懐が深いです♪そしてゴメンなさい<(_ _)>。

Wf15sum61当日は赤尾君がウチのブースに居たワケですが、ソコに伊藤さんが降臨され・・・と言いますか、レポート用撮影の旅に出た自分の代わりにずっとブースに座っててくれました。これまたなんと無礼な話でほんとゴメンなさい<(_ _)>。ソコへ更に小林真が来たので、あんまり見ないであろう3ショットを撮りましたヨ。しかも小林クンに「アシッドバッファーゾーン」の新刊を持ってもらいました!伊藤さんで無く、赤尾クンでも無く、小林クンに・・・ってのがミソ(ってどの辺が?)。赤尾クンの笑顔もイイですネ。

Wf15sum62そして翌日はアートボックスさんに「意味も無く」お邪魔したんですが、打って変ってちゃんと「打ち合わせ」と言う用事のあったタナベさんと「サンダーロードスタイル」の笠井さんにバッタリ。コレマタあんまり無いだろう的2ショットを撮影しました。「お前は一体何がしたいんだ?」って感じなんですが、ほんと好き勝手やっててゴメンなさい<(_ _)>。そしてメーカーさんなんかとも合流、とりあえずみんなで昼を食べに行きました。正直自分がこの場に居る意味は無いんですが、ともあれ帰りの時間まで「アートボックス」さんにお邪魔していましたとサ・・・ってほんと迷惑(^^ゞ

とまぁ実は人物を撮影しているのが一番面白いと発見した今回、以降もやれたらなぁとか思ってます。もしかしたら次のWFレポートは原型師やメーカーの人達ばっかになったりして・・・ってオイ!

(つづく)

|

« WF夏08「色っぺぇ(>_<)」 | トップページ | WF夏10「うるとら」 »