« モデラーズ・フェスティバル2015(その1) | トップページ | モデラーズ・フェスティバル2015(その3) »

モデラーズ・フェスティバル2015(その2)

2015modefes10本日はGKから入りましょうか?画像は仁工房さんから以前にリリースされた大山竜クンが原型の初ゴジですね。実は実物を見るのは初めてなんですが、むかし海洋堂さんからリリースされた松村しのぶさんの「電車くわえ」を彷彿させる造型です。ソッチも良いんですがコッチも竜クンらしいモールド&雰囲気で良い感じ。
双方ともに絶版なのでなかなか入手は困難だと思いますが、こういう場所でたまに現物が見れるのが嬉しいですね。可能なら松村さんのと並べて見たかった・・・と勝手な事を言っておきます(笑)。たぶん竜クンの造型なら大御所の名作と並べてもタイマン張れると思うんですヨ。

2015modefes11ネコワークスさんはディーラーさんですね。ワンフェスとかでもお馴染みのブースが出展されてました。しっかし数が多いですねぇ。それだけ長い期間活動されているという事だと思いますし、実際良くお見かけ致します。車好きの人ならココのキットの1つくらいは持ってるんじゃないでしょうか?
可愛くディフォルメされててそれなりの大きさが有るので塗装が楽しめそうですよね?どんな車種が有るのか知りたい人は「ネコワークス」で出てきますので検索してみては如何でしょうか?「きっとお気に入りのモノが見つかると思います」・・・ってくらい車種があるのでオススメ!

2015modefes12K&I worksさん。凄く雰囲気を醸し出しているブースですねぇ・・・つか良いなぁこの塗り方、自分の塗装に組み込めないものかと本気で思いますヨ。かねてより目をつけているのがヒストリック系の印象的な陰影の付け方なんですが、現状のやり方ではどうにも組み込めない感じ。
そもそもヒストリックをヒストリックっぽく塗れるかどうか?ってとこから始めないとどうにもなんないよね?基本部分を体感的に理解していないんだから。折角こういう場所に行ってんだから色々とお聞きすれば良かったと今更ながら。そう考えると自分の思う理想的な塗装にはまだまだ辿り着けそうにないなぁと(^^ゞ。

2015modefes13情景模型の「作り込み」感は感動しますね。模型ちゃあ模型なんですが「アート」って方がしっくり来る。「ドールハウス」ってな括りで展示されていたようだけど、ソレとは違うと思うんですヨ。
例えばココに縮尺に合ったフィギュアをセットするにしても、周囲の完成度が半端無いので適当なモノだと違和感を感じてしまうだろう事が容易に想像できます。だったら無いほうが良いですよね?「フィギュアが置かれていたら興ざめしてしまう」って位に空気感を湛えたこれらの作品はいつまでも、そして何回も見ていられます。

2015modefes14

2015modefes15

2015modefes16
なんというか「コレってミニチュアなの?」って位のクオリティですよね~。微に入り細にわたって作り込まれた小物類も凄いんですが・・・センス良すぎませんか?って感じ(^^ゞ。

2015modefes17

2015modefes18

2015modefes19で、これを作られたのが「小島隆雄」さん。ご本人も凄くダンディで括弧良い・・・ってセンム! そう、この日は凄く久しぶりにお会いしたので、ブログ用にどうしても撮影したくってお二方に無理を聞いて頂きました~。チャンスを伺いつつセンムの後ろにコバンザメのように張り付いてたサ(^^ゞ。また始まりましたよ~イベントレポート恒例「人物シリーズ」(笑)。

なお小嶋さんのHPはコチラ、他にも味のある色んな作品を見れますヨ。作品集も出ていますので如何でしょうか?

小島隆雄のミニチュアワークの世界 (Handmade Series)

2015modefes20続いてもミニチュアです。モデスポの時も展示されてて1年ぶりに拝見しましたが・・・この方も凄い。そして職業柄どうしても目が行ってしまうのがコレ、日立のベビコンとレトラのコンプレッサー。

ベビコンは模型塗装には向かないんだけど、装飾金物の会社勤めだった頃に塗装の補修工事で良く使ってました(他社のネ^^:)。レトラ・コンプはこの仕事を始めた頃にワーサーと天秤にかけてたくらい静音性の高いコンプです。結局ワーサーにしたのは形・・・かな?レトラの形も良いんだけど、角ばったワーサーの方に魅力を感じてしまった次第・・・って何の話だか。

2015modefes21
このオールド・マックの何が凄いってPC画面が液晶で再現してあるところ!

2015modefes22骨董店の雰囲気がハンパ無いです!なんかこう静謐な空気まで感じられるような情景にうっとりしますねぇ♪製作者は「武田哲也」さん、HPは以下のリンクからどんゾ。こちらの方も尋常では無い精度と密度でもって色々と作っておられますので楽しめますよ~。

ぴたわんのミニチュアワールド

本日はココまで、残りは明日って事で宜しくです。それではまた!

(つづく)

|

« モデラーズ・フェスティバル2015(その1) | トップページ | モデラーズ・フェスティバル2015(その3) »