« ホライジング展示会(11/22) | トップページ | モデラーズ・フェスティバル2015(その2) »

モデラーズ・フェスティバル2015(その1)

2015modefes01去年まで開催されていたモラーズエキスポの後継イベントって位置付けで合ってるのかな?主催も内容も微妙に違うみたいなんですが、それでもモデスポと同じ匂いがしました。そして「自分とは生息域が違う」とも感じるんですが、まぁ言っても模型イベントであることには変わりは無いので楽しめましたヨ。イベント自体もお客さんが多く賑わってたので成功だったんじゃないでしょうか?
で、その展示。レポートすべく色々撮影してきましたんですが・・・記事にしようとするといつもと勝手が違って「どうまとべるべ?」と頭を捻ってしまいます(^^ゞ。販売では無くその多くが「展示」なので、言えばまとめにくいんですよ(ディーラーの商品として括れない)。なので画像を適当に配しつつ本文は雑感メイン、所々コメント付きってな感じで進めて行こうと思います。

2015modefes02で、いきなりコメント付きから始まるわけですがマズ向かったのが凸凹さんとこ。勝手が判らない時の心理ってとこでしょうか?馴染む為に知人をアテにさせて頂きましたヨ(^^ゞ。まぁでもソコで私的に面白みを感じる展示をされてたのでご紹介。
画像は「なんだこれ?」状態ですが、これはウチのお客さんでも有る「ぺぷがみ」君の最初の原型だそうな。組めないし立たないんで器が必要なんだネ(笑)。そもそも美少女・・・なのか?という疑問も有ろうケド、それでも作るのに時間が懸かったろう事が伺える惨憺加減がほほえましくも有り。

2015modefes03そして3年後にこうなる。「おおお美少女になってる~♪」ですよね?どういう経緯でモデラーとなったのか、また原型から作ろうとしたのかは判りませんが、その熱意は結果を見れば明らかです。結果と言うかまだ過程なんだろうと思うけど、こういう人は貴重ですねぇ。
手を動かしてナンボの世界なので、こう黙々とやられると記事的に取り上げざるを得ないわけです。いくら語ったところで人は納得しませんから、それよりも実際のモノで見せるのが最もシンプルで判り易い。それがメッセージというか強いアピールとなるわけですネ。上達と伴に評価が集まり周囲の環境が変化して行くのもこの業界の特徴なんですが、それを体感するところくらいまでは踏ん張って欲しいです。ガンバレ~♪

2015modefes04_2当日は人と現地集合って事で約束しており、先に見て回っとこうと早めに会場入りしてました。しかし撮影&ガン見に没頭したりして小1時間、合流場所に遅れちゃったんですが相手も仕事で遅れてきてたので丁度良い塩梅(・・・ってどうでも良い話なんですけども^^;)。

凸凹さんを後にしてマズはその周辺から目に止まった完成品を撮影して回ったんですが、モデスポとの違いはスケールモノやジオラマ、AFV系が大分減ってる印象を受けました。代わりにガンダム多し(^^ゞ 美麗作例にはあんまり興味が無く門外漢なので「ならば」とイロモノを物色していましたヨ。「見て面白いモノは製作者も楽しかったろう」という判断基準なんですが、そういう製作スタイルが好きなんです。そしてイロモノで人にアピールするのってあんがい技術が居るんですよねぇ。

2015modefes05_2つまり上手くないと成立しないという狭き門なんですが・・・その表層っぷりに惑わされて意外に評価されなかったりします。「見れるイロモノ」を作れる人はソレだけで腕は標準以上と自分は思っていますが・・・なんて自分に評価されてもあんま意味無いのかもですけど(^^ゞ。
しっかしガンプラって凄ぇ色々出てるんですねぇ。自分はガチでガンダム世代なんですがいまだに若い客層を取り込んでるって事ですか?場合によっては親子2代で、とか末は3代続くガンダマーとかなって行くんでしょうか?

2015modefes06昨年までのモデスポを経験してた人の中には「ガンダムばっかやん!」と憤慨している人も居るかも?ですが、どんな形であれ模型に興味を持ってくれるのは嬉しい事ですし、ソコを入り口にしてくれれば良いなぁとも思えます。なんせ模型人口が減ってるのは間違いないと思いますし、フィギュアの方も同じくなんで(^^ゞ
何をするにもとっかかりってのが必要だと思うので「ソレがガンダム」だってのならソレも有りだろうと。それに人の趣向は何時までも一方向ではありません。そんな人も居るかもですが、多くはうつろう物でもあろうかと。模型の世界は奥深いのでソコから先に進んでくれればOKでしょ?そして振り返ったらもう戻れないという(笑)。

2015modefes07ガンダムでかっ!これプラモですか?それとも自作?どうにも既製品のような感じでは有るんですが、だとしたらこんなにでかいガンダムってソレだけで凄ぇと思ってしまいました。って事で調べてみたら・・・マジ?1/24とかもあったの?狂気の沙汰だなぁとか思いつつ、ちょっと興味が沸いてきましたヨ。
画像のは1/35サイズかな?異彩を放つデカさで、コレなら興味が無くても目が釘付けになりますって。作るなら1/48くらいが丁度良いかな?と思ったんですが、40センチが8,000円ほどって安いですねぇ♪塗るのが大変そうだけどタマには良いかもしれないなぁなんて。

2015modefes08猫鯖さんとこで上手い作例を見つけました!写真では判り難いかもしれませんが、この完成品だけ抜けてるように見えたのでガン見&撮影してきましたヨ。
どうやらペインターさんみたいで、確かにコレなら充分にお金取れるな・・・と納得。しかしその周囲にも同じ人が塗ったモノがあったそうな。ソレらが記憶に無いのでコレだけイレギュラー的にレベルが高いのだろうか?それともキットのクォリティーが高いからなのか?ともあれこの作例に関して言えばペイントマスターを任せられるくらいのレベルかと。感心して見てました。

2015modefes09艦船模型は完全に埒外なジャンルなんですが、その細やかさに眩暈を憶えます。画像の船は「駆逐艦・綾波(1/350)」、これが某キャラ名の元ネタか!とか思いながら撮影してきましたが、そこいらに張られた電線がえぐい。艦上の木パネルとか凄く微細だし「こんなん絶対よう作らん!」って本気でお手上げ状態です。
他にも空母に50機ほどの航空機を載せた作例とか「どんな修行だよ!」とか心の中で突っ込みながら見てたのは秘密です。この系を作られる方達はホント忍耐力の塊ですねぇ。自分も根を詰めるほうだと思ってましたが足もとにも及びません。思わず敬礼!(そういう心境って事で)。

まだ続くんですが、ちょっと長くなりそうなのでこの辺で一旦休憩、明日に持ち越しま~す。あと2回位かな?結局まぁまぁ各自コメントになっちゃってますが、どうしてもそういう書き方しか出来ないんだろうなぁと(^^ゞ。同じような感じで明日もレポりますので宜しくです。

(つづく)

|

« ホライジング展示会(11/22) | トップページ | モデラーズ・フェスティバル2015(その2) »