« 2016WF冬の卓番(8-18-03) | トップページ | 2016WF冬前-その2(8-18-03) »

2016WF冬前 その1(8-18-03)

もう直前だってのに全然更新してなかったのは作業に没頭してたからなんですが・・・結局原型は仕上がらず途中段階のモノを展示って事になってしまいました(^^ゞ。
ハニービーを素体に戻してソレをベースに造作したら早く出来んじゃね?とか思ってやり始めたのはいーんですが、原型製作ってそんな甘いもんじゃないって話ですね。

おおよそのイメージは固まっていたもののナカナカ形が見えてこないって感じで、またあまりにもブランクが有りすぎて作業が思うように進まなかったっス。
ようやく着地点が見えてきたかな?ってのが先週の話で、そうなると残作業の時間も見えて来る。「WFまでに原型を完成させるのは無理!」と判断して頭を切り替えちゃいました(・ω<)。
そんなこんなで途中段階の原型を晒すわけですが展示の体裁を整える時間が無く、そのまんま置いとくので色々と突っ込んでやってください(レジン素体にポリパテ&エポパテ造作という複合素材の原型は完成品屋らしいかも?)。

Wf16winbefore01そしてそうなると問題なのは当日の販売物、今回もFG押しでは芸が無いので更に昔のヤツを再販しよう!と。
今回は「丑蜜」・・・ってまぁた古いのを引っ張り出して来ましたねぇ(^^ゞ。それと「またかよ!」のハニービーで恐縮です。
・・・と決めたのは良いですが、決めるのが遅すぎて丑蜜は自家生産でございます<(_ _)>。HBは前もっての外注でそれなりの数を抜いて貰いましたが、丑蜜の方は果たしてどれだけ持っていけるだろうか?って感じ(点数が意外に多くって時間懸かってマス)。まぁあと数日ですがギリギリまで複製作業に集中しますので宜しく~。

Wf16winbefore02話は変わっていっつもお世話になってるクロスワークスさんとこのおさらいでもしときましょうか?当日の版権アイテムは前回に引き続き「ミカサ(進撃の巨人)」と佐野さん原型の「ディフォルメ・バルタン星人」ですね。
バルタンの方はクロスワークスさんが自分で塗ったモノと佐野さん手づからの彩色見本が並ぶんじゃないかと。ミカサの方はウチで塗らせて貰った分ともう1点、知人(小川さん)が塗った分も並ぶのかな?そうなるとキットだけでも結構なボリュームになりますねぇ・・・工具屋なのに(笑)。

Wf16winbefore03さてその工具ですが、今回のウチ的オススメはリュータービット「10㎜玉」です。その削れるたるや凄まじい!今まで荒削り専用だった8㎜玉が仕上げ用になるくらい切削能力が半端無く、ザックリ削りたい時はもっぱらコレを使うようになりました。
問題は軸径が3㎜なんで2.3φ専用ルーターの人はアダプターが必要になってきます。ドレメルやプロクソンの人なら口径変更は容易なんでしょうけど、このアダプターがなかなか店頭では見かけないんで必要な人はアマゾンでポチりましょう(値段の割にショボ品だけどコレしかないんで^^;)。

リリーフ(RELIFE) ミニルーター用チャック 軸径3mm工具専用 28590

さてこの10㎜玉、その径には他にも意味があります。例えばホットトイズの男性素体にレジンの顔をセットしたいとして、首穴を調整するのがかなり面倒なんですよ。しかしこの玉が有れば作業は凄く楽になりますね。実際に試してみないことには・・・ですが、その作業の為に探していた径の切削工具が出たってのは僥倖!最近ヘッド加工の依頼とかも受けてるんでコレは重宝します~。

んで合わせて同時リリースの6㎜玉もそんな用途の製品みたいですよ。自分はこの径のボールジョイントってピンとこないんですが、人によっては「コレだよ、コレ!」なんて人も居るのでは?そんなこんなで新作2点のリュータービットは主にそういったドーラーに向けての製品のようです。
んが、モチロン切削能力は折り紙つきなんで本来の「削る為」って用途としても使えますネ。とにかく削るって事を主眼に考えた場合5㎜を買うなら6㎜を、8㎜を買うなら10㎜って方が汎用性は有るのかも?但し繰り返しますが軸径が3㎜ですのでご注意(6㎜玉の方もネ^^;)。

クロスワークス

明日は引き続いて他ディーラーさんのご紹介・・・ってな事をやってる暇があるのか!ってな感じだけども一応恒例なんで(^^ゞ。んではまた!

|

« 2016WF冬の卓番(8-18-03) | トップページ | 2016WF冬前-その2(8-18-03) »