« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

サンタさん

えらく時期ハズレなんですが・・・ホライジングさんでサンタさんのヘッドモデルが販売されてますよ~。原型師はティム・ブラックナー、自分が「世界で3本の指に入る!」と思ってる素晴らしい原型師による一品です。
氏は基本商業メインなのでなかなかGKはリリースされないんですが・・・ほんとホライジングさんの交友関係の広さには舌を巻きます(^^ゞ。

Santa_clausキットはおよそ1/3くらいのヘッドモデルなんでデカイですヨ。しかも下にゴツめのペデスタルと来て洋GKならば安くても1.6は覚悟しないとイケないところなんですが・・・なんと驚きの13,000円!(たかた社長風)。
理由はホローキャスティング(中空成形)だから・・・と言うのは言い換えればレジンをケチってるワケなんですが、日本のGKには殆ど無いですよネ、この仕様の製品。

レジンなので複製に寄る収縮は極力抑えられてるワケだし、ポリストーンやソフビと違って変形する恐れもあんまり無い。そしてなによりこの大きさのモノの無垢となれば相当な重量になるんだけど、中身が空洞なんで軽いんス。コレ彩色しやすいって部分で凄く重要(しかしペデスタル部は無垢・・・ってコレ置物として凄く安定してじゃないかと思うんス、ヤルね!)

中空成形が何故日本で普及しないのか?確かにある程度の大きさが無いと中空成形の意味が無く、また出来ないって話なんだけど、例えば怪獣なんかの場合はボリュームあるじゃない?またクリーチャー系や美少女系でも最近チラホラ見かける巨大なのが有りマスよね?
コレらのアイテムを中空成形でやれば価格をグンと抑えられるだろうし、作り手も遠慮なくデカイのを作ろうとするんじゃないだろうか?と(例えばデカイ羽とか)。

中空成形には専用のホローキャスティング・マシーンという型を固定してブン回す機械と、硬化が遅めの専用レジンが必要。そして型作りが特殊・・・って通常とは違う事を色々とやらないとイケないんだけど、これだけ国内にソレをやろうってところが無いのも閉塞感を感じるねぇ。

実はホローキャスティングマシーンは喜久屋にも有るしベルグでも出来たハズ。なのに一般化しない。面倒なんだろうネ、色々と(^^ゞ。でも逆にソレを専門でやる業者が出てきたら市場の一部を独占できんじゃね?とか思うんだけど、ソレって浅はかな考えなのだろうか・・・。

とまぁ抜きの話はその辺にしといてサンタさん。画像で見れば判ると思いますが滅茶苦茶上手いですねぇ。単にリアルってんじゃなくって氏のタッチが特徴的に現れている。そのうえ暖かさを感じる良い具合の誇張表現、正にアーティスト然としてると思います。
一応15個販売と上限を設けてるみたいなので、琴線に触れた人は早めにポチっといた方が良いのでは?と。

ティムのサンタ 

しっかしお節介な紹介記事で成り立ってる当ブログって・・・(^^ゞ。

追記:
お騒がせのインフルエンザは治りました~。けっこう引きずっちゃって今月なんも出来てない状態ですが、「丑蜜」「HB」「FG」の通販分は順次発送しています。個別にメールは送っていますのでまた確認してくださいネ、お買い上げありがとうございました~。
なお多少なら上記アイテムの在庫が有りますので「買ったろか?」って人は一報くださ~い♪

|

2016WF冬(その4)

Wf16win21イベント会場での話ではないんだけども、そのWFの為に日本に来た外人さんと今回は多く会いました。WFの翌日に「ITAKON」というイタリアのフィギュア情報サイトの面々とおち合い新宿で餃子を食ってました(画像は餃子の後に行ったファミレスですヨ)。
尚この日の当方らの目的は彼らに会う事では無くあくまでも「餃子」だったワケですが、まぁ和洋問わず多くの業界関係者が東京近郊に集まってきてるって事ですね。すげぇなWF♪

そのイタコンですが、コミコンなんかの情報をいち早く知りたい場合に自分なんかも良く見てるサイトだった・・・ってのを後で知りました。今回彼らはWFの取材に来てたらしく、近くサイト上で今回のWFの見所なんかが紹介されてんじゃないでしょうか?伊語表記ですが、画像なども豊富なので見てて面白いですよ~。

itakon

Wf16win17その翌日の昼飯時、手前がアンソニーさんで奥がエリック。場所は歌舞伎町の日高屋です(笑)。タナベさんが寿司でも食うか?って聞いたら「ラーメンでいい」だって。じゃぁソコの”熱烈中華食堂”で済まそうって感じ。
エリックは日本のフィギュアメーカーでも原型やってたり、今後もやって行きそうなのでこれから耳にする機会の多い名前かも知れませんね。
海外では既に有名で、ヤマトUSAの「スペースホスト」とか洋GKの「カメブシ」を作った人って言ったら判るかな?(サイドショーでアイアンマン・マーク1を作ったのも彼じゃなかったかな?うろ覚えですが^^;)。

アンソニーはサイドショーのペイントディレクターで、「この方と会った方が良いのでは?」と勧められ、その話に乗っかった形で自分がこの場に居たって寸法です(^^ゞ。だって興味あるじゃん?世界のサイドショウ、ソコの塗装責任者ですよ!ハイ、ミーハーでスミマセン<(_ _)>。

Wf16win18次の画像はタナベさんと・・・お名前を忘れてしまったんですが、韓国の凄腕ペインターさんです。どれくらいすご腕かと言うと、リアル系ではたぶん自分では歯が立たないクラス。
いやコレマジで。
彼曰く「キミも凄いよ、僕らはジャンルが違うから」と慰められましたが、顔で笑って心で泣いてとはこの事か・・・と。でも凹まない!だって自分より上手い人が居ないなんて面白くもなんとも無いので(本気ですよ。笑)。

そしてこの時貴重な話が聞けたのでソレだけで来た甲斐が有ったと思いました。韓国には彼クラスのペインターが結構居るようなんです。だけど其々のテリトリーを犯さないのがルールで、技術公開や技術供与なんてものはマズ存在しないらしい。
もし教えを請う事が出来た場合は、ソレすなわち一生舎弟扱い・・・と、例えばコレに似た形態で言えば日本なら彫師の世界がそんな感じと聞いた事があります。 全てでは無いと思いますが、伝統工芸は門閥制度のところが多いそうで、そういった技術を継承できるのは選ばれた人材のみってな感じ?

でもチョコッとどんな画材を使ってるのか聞き出せましたヨ。でも言いません・・・と言うのは冗談で、自分らと全く同じでした(笑)。ラッカーをベースにエナメルでアクセント、ソレだけです。そしてソレをサフレスで行う・・・って、いま自分がやってる方法と同じぢゃん!
つまり「ウチでやってる方法を更に昇華させていけば通過点には彼らが要る」という事です。判らないで暗中模索の中やっていた事柄が確認できたという事は私的にすごくプラスだし、だったら今は及ばなくとも何時かはイケんでね?なんて。

「人と話す」と言うのは重要ですよねぇ。特に日ごろあんまり接点の無い場所で活動している人達との会話はその時間の分だけ貴重です。そして自分が如何に出来ていないかを客観視できる瞬間は今後の成長に繋がる部分だと思うので、こういう機会が今後も多く訪れる事を願って止みません。

以上外人ペインターとの懇親会でした~・・・では無く、このメンバーで向かった先が凄かった(笑)。

Wf16win19自分的には2度目になる神の居わす場所、阿佐ヶ谷の某工房です。御大は相変わらず神々しく・・・と言いますか、イイ人オーラ全開で迎えてくれました。
更に少々遅れて知る人ゾ知る「岸川靖」さんがココに加わり話が盛り上がる~といった感じ。相変わらずの居心地の良さに時間が立つのを忘れてしまうワケですが、各人それぞれにスケジュールがあるために2時間ちょいでおいとましました。

ってもその間工房の業務も停滞するわけで、スタッフの方々に申し訳ないなぁと思いながらも、「また機会が有ったら寄らせて頂いて良いですか?」とか聞いてる俺。そんなのダメなんていう人じゃないのを判っていながら聞くんじゃないヨ!って話ですね<(_ _)>。

Wf16win20今回の竹谷工房訪問は外人メンバーが竹谷さんと会いたかったから・・・と言うのが前提なので、「ちょこっとついてきちゃいました~」ってな自分は、会話に参加するというより部屋に散在する氏の生原型をガン見するのがメイン。
古民家を改装したというレトロチックで居心地の良い空間に散りばめられた材料類と無造作に置かれた唯一無二な生原型、正にココはパラダーイス! ネット上に上げられない画像も多く有るんで基本撮影はあんまり出来ないんですが、記念に1枚だけパシャリ!これ、レジンキットでほしーです~♪

まぁしっかし竹谷さんは日本の誇りですねぇ。エリックだって相当上手い原型師だしアンソニーさんだってサイドショウです。コリアン・ペインター氏はホンモノの凄腕で、タナベさんだって激うま原型師・・・なんですが、みんな「竹谷さん♪」なんだもの(笑)。本人はけっこう苦笑してましたが、そーゆー奥ゆかしい人間性の部分が自分なんかは良いなぁと思うワケです。

Wf16win16って事で今回のレポート終了~。最後は関係ない話では有りマスが、この面子が揃うのもWFだったからなのでまとめてしまいましたヨ。そうそうこんな機会もないと思うのですが、こんな感じで毎回色んなところに行けると面白いですね。
「著名人の方に会いに・・・」とかでなく、東京界隈はおいしい食べ物屋さんが多いのでソッチ方面がもっぱらメインになりそうな気もしますけど(^^ゞ。ところで画像は東京土産に新宿ルミネ1で購入した「治一郎」のバウムクーヘン・・・なんですが静岡の菓子メーカーなんですよねぇココ(笑)。まぁ美味しけりゃなんでも良いんですが、クロスワークスさんのお勧めって事で前から食べてみたかったんス。しっとりうんまいって感じで、トースターでちょっと焼いたら更に美味かった。

Wf16win15最後は当日購入したキットです。「アクセル&スピードブレーカー」の他もう1点は「ディフォルメ・バルタン」でした~。
出来が良くても案外リアル系とかは躊躇するのに、この手のガレージキットだと反射的に手が出てしまうみたいですねぇ。「だったらそーゆーのを作んねーと!」って本気で思ってるんですが、作る側に回ると腰が引けてしまう軟弱者でゴメンなさい<(_ _)>(だから買う方で気を晴らしてんでしょーか?)。

次回のレポートがまともに書けるか現状では判りませんが、何かしらは書くだろうと思いますのでまた見てやってくださ~い、それではまた!

(おしまい)

|

2016WF冬(その3)

今回実は最初からそんなにブースを回る予定をしてなかったんです。なぜなら当方の販売物が過去作の再販のみなんで終日かかるだろうと予想してたから。それでも回れるところとなると絞らざるを得ないので、手っ取り早く近隣のアダルトゾーンに集中してレポートしようと(入り口もほんと目と鼻の先だったし)。・・・っても結局あんまりボリュームないですけども(^^ゞ

Wf16win06リアルフィギュア応援団"R"(アダルトサイド)

な、なんか懐かしい感じの女性裸像が!コレは正にアトリエ・イット!・・・ってそら原型師も抜きも同じなのでそうなる?全裸ではなくショーツを履いてる方がエロさが増すように感じるのは自分がアブノーマルだからなのかもですが、ともあれ新作が軒並み完売してましたヨ。林さんのフィメール造型は今でもやっぱ強いですねぇ(画像のフィギュアは1/12スケール、以降もアトリエイットさんをはじめ各取り扱い店で購入可能だそうです)。

Wf16win05同卓には知人も数名参加してまして、なかなか良いモノをこしらえてましたからそっちも併せてご紹介。Gパントップレスの外人さんを作ったのが手長?さん(本名で書かない方が良いのかな?)なんですが、失礼な話ココまでの造型が出来る人だと思ってませんでした(^^ゞ。
元々リアルフィギュア系をやってた人では有りましたが、某社の企業戦士として活躍するようになってからはとんとご無沙汰だったんで。それが数年前にギルギル卓で「キャプテンパラダイス Caitlyn」なるオリジナルフィギュアを発表、「イキナリかよッ!」ってな周囲の反応を見て楽しんでる節が有るのでほっておくのが吉なのかもですが、そうは言っても上手いんで無視できずって感じ(笑)。今後もコンスタントに作り続けて行ってくれたら面白いなぁと(GENOME DESIGN)

Wf16win07軽音堂

たまにこういう事をしてくるから目が離せないんですが、相変わらずの臼井造型は健在ですねぇ。だけでなくドンドン深化してってる気もしますがホント唯一無二なのは間違いなく、なによりそこはかとなくエロチックです・・・ってかまぁ変態(ボソっ)。
しっかし60センチって何考えてるの?ってな感じなんですが、その辺も昔から変わりなく「こじんまりまとまらない」感じが見てて気持ちいい造型だと思います。やっぱこの人の作るモノは好きですねぇ、「塗りたいと思う」ってんじゃなくって見てて楽しいので♪

Wf16win08◆ケセランパサラン

毎度見に行こうと思ってたブースに今回初めて訪れました。・・・っても昔はアダルトゾーンでの展示じゃ無かったんで良く伺ってたんですけどねぇ。ホントあのどうしょうも無い出入り規制の弊害はどうにかならんのか?ってなもんですヨ<`ヘ´>。
画像のアリスとグロ虫は新作なんでしょうか?他の作品もそうなんですが独自のタッチと好きな世界観の追求でココも一種独特のオーラを放ってるディーラーさん、見てるのが楽しいですね。

Wf16win14どうやら自分はこういう個性的なところにしか目が行かないようで、だって折角こんな場所に来てるんだからそういうのを見たいよね?って欲求が強い。よって普通っぽい作品の中に混じってるこういうディーラーさんの作品群に強く惹かれます。
画像の青鬼少女は何度も画像を見かけてる旧作なんだけど実物を今回初めて見ました。う~んイイなぁコレ♪マーダちゃんほどの洗練された感じは無いんですけど、自分は好きです。

Wf16win09◆ヤマウラ3Dイズム

久しぶりに拝見したんですが・・・今回展示していたのは画像のモノだけでしたぁ~残念(>_<)。ココも振り切ってる造型が多くソレらが集まってる展示が迫力があって魅力だったんですけどねぇ。
ココ数回見に行けなかったので「今回たまたま控えめになった」って事なら良いんですが・・・。これほどのディーラーさんも他に無いので是非継続して頑張ってって欲しいところです。この辺の作例がズラっと並べばなんか「秘宝館」ぽいかも?(笑)。

以上ワンフェスレポートでした。今回は少ないですが、ほんとにコレで終わりなんですヨ。卓を離れられる状態じゃ無かったんだな・・・とお察しください<(_ _)>。で、そのWF自体の話は以上なんですが東京で色んな人と会ってきましたから明日はその事を書きますネ~。

(つづく)

|

2016WF冬(その2)

いやぁキッチリ丸2日寝込んじゃいましたヨ。容態が変化しない上に日ごとに症状が変わる、知人からの忠告メールを受けて病院へ行くと・・・結果はインフルエンザでした(^^ゞ 市販薬を飲んで寝てれば直ると思ってたワケですが、どうやら考えが甘かったみたいですネ。
昨日イナビルとかいう薬を経口吸引して後は咳や痰を緩和させるシロップと念のための解熱頓服薬を貰って静養中、随分楽になりました。

んな事をブログ上で書くもんでは無いなぁと今更ながら思うわけですが、おかげで「Let's go 病院!」メールを頂きその気にもなったわけですから結果的には助かったのかも?ともあれ体調を気遣ってくれるメールに対しては申し訳ないと思うばかりです(&お気遣いに感謝!)同時に頂いた発注も凄くありがたく、回復次第せっせと量産しますので今しばらくお時間をくださいませ。

Wf16win11ホライジング

さてWFの続きです。(その1.5)に載せた画像はホライジングさんから当日発売されてた巨人エレンのディフォルメなんですが、今回から版権条件が変わって完成品提出が追加されたと聞きました。キットを販売するのに完成品の提出を促す版元の真意が判らないって部分も有りマスが、元よりこの版元条件はGKライクでは無く「それでも申請したければどうぞ」って上から目線な感じがどうにも・・・。

ともあれ提出物を提出しないとペナルってしまうので自分が請け負いました(代わりにWF直前での抜き作業をお願いするという交換条件で)。画像はホテルで3時間ほど手を入れた状態。お客さんに納品できるレベルでは無いものの提出用なら問題ないだろうってな感じ(キッチリ塗り分けてるしシャドウにテクスチャー表現も入れて有りますからネ)。因みにこの品、提出されるまでは展示してくれてたみたいですヨ。

ところでWFの話では無いんですが今春あたりに発売予定?のシフレットの新作がすんごく良さ気なんです!コレほち~♪

Wf16win04SPEED FREAKS STUDIO

毎回せいぜい1個しかキットを買わないんですが、今回は珍しく2個買いました!そのウチの一つがココ。フライングメガロポリスの合同ブースで作品を展開している松岡ミチヒロさんイメージの立体化、しかもGKとくれば絶対に無視できません!それはもう本当に!!
松岡さんの立体作品は凄く魅力的なんですが、同じく2Dも凄く良い・・・って話は以前のレポートでも書きましたが、こうやって立体模型になるとシビレますねぇ♪GKとしてはボリュームに比して少々高い印象を受けますが、しかしこの価格ならば欲求の方が先に来ます(値段的には「お手ごろ」なので)。
何よりこんなイマジネーションの立体化はあんまり見かけないワケで、こういうGKがドンドン出てくるとスンゴク嬉しいなぁと。

因みに本来のディーラー名は「SWASH DESIGN」さんで、メンバーの斎藤マサヤさんが松岡さんとコラボったユニットが「SPEED FREAKS STUDIO」って事だそうです。で、今アイテムの「Axell & Speedbreaker」なんですが、第一弾って事なので是非第二・第三とラインナップを増やしてって欲しいです~、 こーゆーのがホント好きなんで♪

Wf16win13LONGLONG

話は変わって結局見に行けなかったんですがLONGLONGも原型がほぼ完成間近の状態で飾られたとか?折角ウチとこに立ち寄ってくれたのに見に行けずにゴメン(^^ゞ。なので画像は当人のサイトから勝手に拝借、使わせて貰ってますが・・・イイぢゃない! 次の夏にはきっと販売できる状態になってるだろうし楽しみ~♪な一品に仕上がりつつあるかと。いいっすよねぇレトロフューチャイックなメカ系って。

ところでみんなナカナカ名前を憶えらんないみたいなので念を押しておくと"LONGLONG"と書いて「ロンロン」だからね。ってかチミもなんでそんな名前にしたん?と突っ込みたくなるんだけど・・・まぁずっとソレで来てんだもんねぇ(笑)。

Wf16win12エース工房

佐野さんが新作を間に合せてたというのも驚きました!そして間に合せられなかった自分は凹んでました(笑)。どうにもイメージが定まらないらしく間に合わないのでは?と聞いてただけに、当日ウチのお客さんの一人が買い込んでたのを見てビックリしましたヨ。ヤル人はちゃんとやってくるんだなぁと思うと共に、ボリュームに比しての価格設定が良心的過ぎて泣けてきます。佐野さんってホント良い人ですねぇ。そして今作も「美しい」。また通販とかやるのかな?もし前もって判ればウチでも告知のお手伝いはしますけど、動向など基本は皆さん自身で注視しといてくださいネ♪

(つづく)

|

2016WF冬(その1.5)ちょい休憩。

いきなりで申し訳ないんですが、病状が進んでPCの前に座ってられません(^^ゞ。多分ウィルス君達の快方に向かう最後の足掻きのような気がするんですが、ともあれ頭が回らないわタイプミスが多いわで、かつ関節痛と気管支の痛みが酷い感じ。部屋をどれだけ温くしても寒く感じるんで布団から出れないんです(>_<)。

Wf16win10頂いたメールには全て目を通しています。
ご希望の品名・数量は確保しますし追って連絡しますので、この場での業務連絡って事でとリ急ぎお茶を濁させてください(必ず返信いたします)。
短いですがスミマセン~・・・ってこれだけじゃあんまりにも寒いんで、前日にホテルで塗ってた巨人エレンでも(笑)。

|

2016WF冬(その1)

ブログの更新が遅くなりました~。今回は3泊4日の遠征で9日(火)の遅くにようやく帰宅ってな塩梅、ヘロヘロ過ぎて風邪をひいてしまいましたヨ(^^ゞ。私的には近年マレな強行軍だったなぁと振り返れば思うモノの、しかしこれ位で免疫力が低下してしまう体力の劣化に愕然としてしまいます。もうねジジイですよジジイ(>_<)。

いまだ熱・関節痛・頭痛と共に喉がやられてる状態ですが、丸一日布団に包まってたおかげかちったぁマシになってるかな?ともあれブログを更新しとかないと先に進めないんで朦朧とした頭で書いてますヨ。なので変な事書いててもスルーしてやってくださいネ♪

Wf16win01マズはお客さんにお礼。今回は結構余る事を覚悟してた半面、完売御礼!な夢も見てました・・・ってのは毎度の事なんですが、それでもHBが残1って結果には驚きました。
丑蜜もあれだけ頒布したはずなのに「実は買ってませんでした」ってな、しかもしょっちゅう顔を合わすお客さんから言われたりして「再販して良かったなぁ」と。
そしてコッチも残1ってところでWFが終り「むむむ!あとちょっとだったのに~」とか思いつつ、しかしココまで売れてくれたのに何が不満か!と自重したり、「そもそも新作を間に合せられなかった人間がふざけんな!」と(笑)。

Wf16win02展示した新作の再始動は今のところ未定ですが、少なくとも次の夏には必ず形になっているハズなので(サスガにココまで来れば、ね^^;)その際はまた宜しくお願い致します!とにかく今回お買い上げ頂いたお客さんには感謝感謝です♪これまた毎度の事ですが、寸でのところで首の皮1枚で繋がった感じ。なんとか無事に支払いを済ませられたのは皆さんのおかげです!ありがとうございました~♪

で丑蜜とかHBですが、型を作ったのであといくらかは抜けると思うんです。HP上で通販!とは謳いませんが、「購入したってもええで~」って人はメールください(2~3件の希望があれば作業に入りますので)。

Wf16win03さて当日のウチのブースはそんな状態なのに意外に賑やか。お客さんから完成品をお借りしてひな壇を埋める事ができましたとサ(実はFGなんてそれぞれ1個づつしか持って行けなかったんですけども^^;)時間は懸かっても持参分の殆どが無くなるのは気持ち良く、しかし終日懸かると卓を離れられないので今回はイベントレポートが殆どできません。ご了承ください~。

(つづく)

|

2016WF冬前-その3(8-18-03)

Wf16winbefore09量産中だった丑蜜ですが、どうにか考えてた最低数をクリア・・・ってか既に型がやばくなって来てる感じで、今回は限界が来るのが早いなぁと(^^ゞ。しかし現地で箱詰めって毎度の事ながら後手後手ですなぁ(>_<)。そして今回もホテル塗りがあったりとこの辺も相変わらずで御座います。さて当日の販売物ですが以下の通りです。

①丑蜜・・・7,000円
②ハニービー・・・5,000円
③FGフルセット・・・12,000円
④FG本体のみ・・・9,000円

プラス途中段階の原型展示ってラインナップ。さてそれでは今から大阪を発つとしますネ。特に変わり映えしない卓で申し訳ないですが会場でお待ちしていますので是非お立ち寄りください♪

|

2016WF冬前-その2(8-18-03)

Wf16winbefore04昨日に引き続き知人ディーラーのご紹介ですヨ。昨年秋のトレフェス神戸にて始めてお話させて頂いた女性原型師の梅さん、師匠と共に今冬WFに参加するそうです。新作&再販取り揃えての各種ラインナップなんですが、今のところタイバニ専門店ですね(笑)。

梅さんの造型は女性ならでは!って感じで、男にゃ作れないラインや面取りが施されてて面白い。んで原型をやり始めて間が無いというのにうんまい♪

Wf16winbefore05およそ1/6の胸像で眼球可動やパーツ分割などの加工も巧みなんですが、そこはお師匠さんのお仕事だとか?彼女はもともとペインターだそうで、よって彩色もお手の物なんでしょうね。彩色も上手いです。
男性客の場合は好みが分かれるかも知れないんですが、女性的には「たまんね♪」ってなるだろうこと請け合いの美麗造型、しかし単純に造型が良いんで一見の価値は有ると思いますよ~オススメ!

ダイダロス・ファクトリー(卓番4-13-12)
梅さんツイッター
「初フルスクラッチ奮闘記」

Wf16winbefore06お次は恒例のヘッドロングさん。去年秋のトレフェスに引き続き今回も新作を作って参戦!・・・って優秀やなぁオイ♪ほんと見習いたいところなんですが・・・しかし赤尾クンはガチプロ原型師なんで比べるのもおこがましいって感じ(笑)。
さてそんな彼の今回の新作はまたしても!ってな感じのZOMBIEですヨ。
題して「骨男」。聞けば今作はゾンビなんだけど骨格部分からの造型だそうで、またそこがミソのようだったんでそんなネーミングで良いんでね?と。そう自分がタイトルをつけてしまったわけですが・・・そんなんで良いのか?(^^ゞ

今回もド単短期造型なのは相変わらずなんですが、それでも過不足の無い密度感はサスガにうんまい!(ドンドン極まってゆきますなぁ)ほんでデカいスよ! ガッツ&ゾッドの胸像クラスのデカさらしいんですが、しかし価格は¥6,000とお安くなってます・・・ってソレで良いのかホンマに?

「いろんな意味でディーラーの鏡だなぁ君は」というリスペクトを込めて今作もオススメ!そして関東初売りになるであろう「カエルデーモン」もお忘れなきよう。コレは当方の趣味的に必携アイテムなんで、是非手にしてくださいネ~♪

HEADLONG(卓番8-13-15)
赤尾ツィッター

Wf16winbefore07次はホライジングさん、今回は3点の版権アイテムを引っさげての参戦ですね。
怪獣リミックス的バルタン星人はジョドゥー・シェル、サンダはトニー・チピリアーノという有名どころを起用しています。
あとエレンの巨人化バージョン(進撃の巨人)も当日版権モノなんですが、これの原型師はどうやらタイの方らしく当方は存じ上げておりません(^^ゞ。
・・・んがしかし、私的にはこの巨人エレンが最も好みだったりするわけで原型製作に名前なんて関係ねーなーとつくづく思うわけですヨ(笑)。

で、ウチのハニービーを生産してもらう代わりに巨人エレンの提出用サンプルを塗るって話になっていまウチにありマス。提出用なんでチャチャっと1日で塗っちゃおうって魂胆(そう、今回のウチのHBはホライジング抜きなんス~。よってレジンは海外製、けっこう洋物ライクな製品になってますよん♪)

ともあれココも全商品が安目です。40センチ超のGKが3万切るとか、巨人エレンだって23センチくらいなのに¥6,500とか結構なサービス品ですねぇ。
他にオススメなのが前にウチで紹介したミグ・プロダクションズのハウツー本の販売!そうあのガンダムの表紙のやつです。当日に買えば確実に入手できる上に値段もお手ごろ!自分で直接買っても結局¥3,000くらいはするんで、気になってた人は今回が良いチャンスだと思います~。

ホライジング(卓番6-17-11)


Wf16winbefore08最後はタナベさんの「JINTO」。今回は新作は無いようですが、オリジナルの「Winanna the hunter (ウィナンナ)」の再販をするみたいですね。
前回に買い逃された、もしくは知るのが遅かったって人は今回がラストチャンスだと思うので確実にGETしときましょうね。そのほか友人のエリック・ソーサが来日して同卓に居るって話です。

今回WF用にヴァンパイアを作ってたみたいなんですが、販売に漕ぎ着けられるのだろうか?もし間に合ったならコレは買いかもしれません!(なんせメチャ上手原型師なので)。当日を楽しみに&期待しときましょう!

JINTO(卓番8-13-17)

以上毎度ながら余計なお世話の他ディーラー情報でした~。あ、あと昨日クロスワークスさんの卓番を書くの忘れてたんで買いときますネ。「6-29-06」工具類がかなり充実してそうなので実際に見て聞いて試してくださ~い・・・って事で本日は以上。

明日前日搬入の為に大阪を発ちますがその前にもう1回記事を書く予定。それではまた♪

|

2016WF冬前 その1(8-18-03)

もう直前だってのに全然更新してなかったのは作業に没頭してたからなんですが・・・結局原型は仕上がらず途中段階のモノを展示って事になってしまいました(^^ゞ。
ハニービーを素体に戻してソレをベースに造作したら早く出来んじゃね?とか思ってやり始めたのはいーんですが、原型製作ってそんな甘いもんじゃないって話ですね。

おおよそのイメージは固まっていたもののナカナカ形が見えてこないって感じで、またあまりにもブランクが有りすぎて作業が思うように進まなかったっス。
ようやく着地点が見えてきたかな?ってのが先週の話で、そうなると残作業の時間も見えて来る。「WFまでに原型を完成させるのは無理!」と判断して頭を切り替えちゃいました(・ω<)。
そんなこんなで途中段階の原型を晒すわけですが展示の体裁を整える時間が無く、そのまんま置いとくので色々と突っ込んでやってください(レジン素体にポリパテ&エポパテ造作という複合素材の原型は完成品屋らしいかも?)。

Wf16winbefore01そしてそうなると問題なのは当日の販売物、今回もFG押しでは芸が無いので更に昔のヤツを再販しよう!と。
今回は「丑蜜」・・・ってまぁた古いのを引っ張り出して来ましたねぇ(^^ゞ。それと「またかよ!」のハニービーで恐縮です。
・・・と決めたのは良いですが、決めるのが遅すぎて丑蜜は自家生産でございます<(_ _)>。HBは前もっての外注でそれなりの数を抜いて貰いましたが、丑蜜の方は果たしてどれだけ持っていけるだろうか?って感じ(点数が意外に多くって時間懸かってマス)。まぁあと数日ですがギリギリまで複製作業に集中しますので宜しく~。

Wf16winbefore02話は変わっていっつもお世話になってるクロスワークスさんとこのおさらいでもしときましょうか?当日の版権アイテムは前回に引き続き「ミカサ(進撃の巨人)」と佐野さん原型の「ディフォルメ・バルタン星人」ですね。
バルタンの方はクロスワークスさんが自分で塗ったモノと佐野さん手づからの彩色見本が並ぶんじゃないかと。ミカサの方はウチで塗らせて貰った分ともう1点、知人(小川さん)が塗った分も並ぶのかな?そうなるとキットだけでも結構なボリュームになりますねぇ・・・工具屋なのに(笑)。

Wf16winbefore03さてその工具ですが、今回のウチ的オススメはリュータービット「10㎜玉」です。その削れるたるや凄まじい!今まで荒削り専用だった8㎜玉が仕上げ用になるくらい切削能力が半端無く、ザックリ削りたい時はもっぱらコレを使うようになりました。
問題は軸径が3㎜なんで2.3φ専用ルーターの人はアダプターが必要になってきます。ドレメルやプロクソンの人なら口径変更は容易なんでしょうけど、このアダプターがなかなか店頭では見かけないんで必要な人はアマゾンでポチりましょう(値段の割にショボ品だけどコレしかないんで^^;)。

リリーフ(RELIFE) ミニルーター用チャック 軸径3mm工具専用 28590

さてこの10㎜玉、その径には他にも意味があります。例えばホットトイズの男性素体にレジンの顔をセットしたいとして、首穴を調整するのがかなり面倒なんですよ。しかしこの玉が有れば作業は凄く楽になりますね。実際に試してみないことには・・・ですが、その作業の為に探していた径の切削工具が出たってのは僥倖!最近ヘッド加工の依頼とかも受けてるんでコレは重宝します~。

んで合わせて同時リリースの6㎜玉もそんな用途の製品みたいですよ。自分はこの径のボールジョイントってピンとこないんですが、人によっては「コレだよ、コレ!」なんて人も居るのでは?そんなこんなで新作2点のリュータービットは主にそういったドーラーに向けての製品のようです。
んが、モチロン切削能力は折り紙つきなんで本来の「削る為」って用途としても使えますネ。とにかく削るって事を主眼に考えた場合5㎜を買うなら6㎜を、8㎜を買うなら10㎜って方が汎用性は有るのかも?但し繰り返しますが軸径が3㎜ですのでご注意(6㎜玉の方もネ^^;)。

クロスワークス

明日は引き続いて他ディーラーさんのご紹介・・・ってな事をやってる暇があるのか!ってな感じだけども一応恒例なんで(^^ゞ。んではまた!

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »