« モデルグラフィックスNo.382 9月号 | トップページ | 2016WF夏(その3) »

2016WF夏(その2)

WF終了後4日目にしてようやく(その2)、遅々としてて恐縮です(^^ゞ。ところで「なんでツイッターでやんないの?」って事なんですが、アッチではツラツラと雑感を書けないから。時代遅れなのかもしんないけども、イベントレポートには色んな意味でブログが一番やり易いと思っているんでご容赦ください。

ところでそのツイッター、始めて一週間近く経ちますがいまだに構造とかシステムが把握できずにキョドってしまいます。なので不具合や抜け落ち等々有るかと思いますが大目に見てくださいネ。なお各ディーラーサイトへのリンクは基本ツイッターページに張りました(ソレが一番情報を得やすいだろうと思うので)。HPなどを併設している方ならばそのページからリンクされてますので辿って行ってください。

Wf16sum02まぬるねこ

原型師「しゆまい」さんによるアポカリプス以降の少年少女の生き様・・・ってな所でしょうか?そのフィギュアの佇まいから幼少~青年期あたりに見受けられる心の不安定さみたいなモノが感じられますね。
原型師の思いが形になって現れてると思うので表現としては秀逸・・・といまさら当方が語るまでもなく、一躍人気ディーラーになっていますから衆人の認めるところなんでしょう。

Wf16sum03以降のラインナップや世界観の構築も楽しみなんですが、他のモノも見てみたいと思わせてくれます。デジタル原型のオリジナルアイテムなんですが、脳内イメージがダイレクトに実現できるのであろうこの制作スタイルはアナログ製作の煩雑さを回避する上で有益なんでしょう。
つまり考えを形にする上でコレほど効率の良いツールは無いって話ですね。
原型師本人の若さ、製品の上質さ、イマジネーションの豊かさなどを考えた時、時代の移り変わる狭間に居るようにも思えるんですが・・・しかしソレは悪い事では無いと思っています。

Wf16sum04今回は新作2体と凄い勢いで発表している彼ですが、やはり人気は女の子二人の模様。しかし造形的に見たときウチ的評価で言えば「コレクター」がダントツで、ちょっと唸ってしまうレベルでした。
かなりの変態なワケですが、しかしその趣向にそぐわない容姿になっているのがニクイところ。そしてポーズなどを含めてコレが造形的には一番良かったです。

それぞれ単品でも魅せてくれるんですが、コレをセットで揃えれば更に世界観を感じれるだろうって良いシリーズになっていると思います。正にグッジョブ!


Wf16sum05a

Wf16sum06GILLGILL

もはや塚田君のブースって感じですが、一際抜きん出た造形力の前に「然もありなん」って感じ。これまたエライ物を作ってのお披露目で、生でみた迫力は凄かったですヨ。

韮沢センセの代表キャラを立体でブラッシュアップ、よくもまぁココまで作家に寄り添った造型ができるなぁと舌を巻きます。存命ならさぞかし喜んだのはないでしょうか?ってか、コレがリリースされるならフィギュア好きとしても嬉しい(完全にファン目線だな^^;)。

Wf16sum07ちょっと裏話的になりますが、聞くところによるとコレに元絵は無いそうですよ。韮沢靖氏のイラストからピックアップした特長的なデザインをまとめ上げて作った、言わば塚田君のセミオリジナル的造形物って話。
それでココまで違和感の無い立体作品になるってところが驚愕で、色んな意味で卓越してるなぁと思うところ。もう「日本の誇る原型師」って言って良いのでは?とさえ思ってしまいます。

Wf16sum08a

Wf16sum10そしてソレを支え続けてるGILLGILLにも敬意を表したいところ。店長の「才能を育てたい」って想いが結実しだした感も有って、創立時から知ってる人間に取っては感慨深いです。
なので併せて・・・というか自分が一番評価しているのはこの店長なんですが、まぁ癖が有るので色々と勘違いされてんじゃね?なんて気がしなくもない(^^ゞ。

とはいえ有能な3人の社員はずっとココを離れずに創作活動にまい進しているわけだし、近辺を固めている人達も「ひとかどの者」って事を考えたら実存コミュとしての有るべき理想形のひとつなのかもしれないなぁと。

Wf16sum09普通はなかなか、特に人間関係は持続しないものなのでそういう意味でもグッジョブ!です。
しっかし「鐘のガーゴイル」安いよなぁ(ボソッ)。「ダークソウル」はあんまり詳しく無いけどもコレは買いだったと思いますヨ。そしてアルトリウスの大剣を完成品で売ってたのも意欲的。
アルトリウス本体もボリューム、クオリティ、価格ともにバランスが取れてると思うし、色んな意味で優秀なディーラーになって来たなぁ・・・と思いました。

Wf16sum11めばゲネス

メタルギアは一度もプレイした事が無いんだけど、そらビッグタイトルなんで知ってます(ってか仕事で雷電塗ってたし)。そしてデザイナーの新川さんの事もモチロン知っているわけですが、なんせゲームをやってないもんだから馴染みがなく・・・(^^ゞ。

ってな状態の自分でもこのフィギュアには惹かれました。今まで誰かのレポートとかでしか見たことが無かったんですが、今回はじめて実物を見ましたヨ。
色んな意味で凄く括弧よいですコレ! メタルギアのフィギュアは多々あれどコレを作ったという心意気がマズは括弧良く、だからと言ってネタ的なレベルとは隔絶している造形力が括弧良い。そして対象物に愛があって且つGK的アプローチになっているのがなんとも心地良いんですよねぇ。「Good job!」

(つづく)

|

« モデルグラフィックスNo.382 9月号 | トップページ | 2016WF夏(その3) »