« 2016WF夏(その3) | トップページ | 2016WF夏(その5) »

2016WF夏(その4)

私は情報通ではありませんし早くも無いです。どちらかと言えばそのへん疎いですし遅いので「何を今更・・・」って思われるかもしれませんね。実際「各所で話題になってたり既に発表して注目されているモノを後追いで見て回っている」ってだけのものです。
だったらやる意味が無い・・・とも思っていず、備忘録的にレポートし自分なりの見方を書くのは有りだと思うんですよ。なぜならココは自分の個人ページだから。
最新情報をいち早くお届けってのが皆さん一番望むところだと思うんですが、ソレは自分には出来ませんしするつもりもないので、そういう感じで読んで頂けると幸いです。んではつづき~。

Wf16sum12a

Wf16sum13山本翔 粘土造型

「クリプティッド造型」と言えばこの人・・・って他には知りませんが(笑)。ココは幼体の表現力が凄いです。例えばひよこでも生まれたてはキモく「クリーチャー然としている」という見方も出来ると思いますが、しかし生命の儚さを感じる瞬間でも有りますよね?
四肢をつっぱって必死に生きようとしている感じ?そういう臨場感を持たせた造型をやっている方です。

Wf16sum14_2ただし現存しないであろう生物の・・・ですが。

体表色が固定されるまでの淡い色相を彩色とウェット感で上手く表現されていてモールドの造作も見事です。
形の捉え方もツボを抑えていると思うので、多分この人も「何を作っても上手い系」なんだろうと。それだけの腕を持っていながら独自路線をまい進している彼は貴重な存在だと思えますね。

Wf16sum15ネイチャー系なんかをやっても相当良いモノを造るだろうし、それがキャラものでもみんなが欲しがるようなモノを作れるハズ。でもソッチに行くのでは無く、画像のような造型に傾倒するのは自身がソコに面白みを感じているからだと思うんですよ。
「自分が楽しめるものを作る」そしてそのこだわり方は造作の一つ一つに反映されてて、ソコにイマジネーションの豊かさも感じるので良い造型物だなぁと。

更に先鋭化していって頂き「見た事もない」生き物を造り出して欲しい。正にそれこそが「クリーチャー」なのではないかと。

Wf16sum23SHINZEN造型研究所

彼も「何を作っても上手い人」の典型。そしてここのところ猫とか子狐とかえらく可愛らしいモノを作ってるわけですが、ココに来て強烈に可愛い小虎をリリース。そのレベルたるや造型物なのに「悶え死に」しそうな可愛さです(>_<)。
ネーミングが「虎毬」って”名は体を表す”的グッドなセンス、故にキャッチーでも有るワケで、色んな意味でやるなぁ♪と。相変わらず怪獣や恐竜なんかもやっていくんだろうと思うけど、ソコに可愛い系ネイチャーシリーズが加わる事で客層が広がってんじゃないでしょうか?

往年のディーラーが今も人気って凄い事なんですが、そういう意味でも稀有なディーラーさん。ほんと基礎力が高いと強いなぁ。

Wf16sum18クラフトスポット One-Step

画像はポールコモダのクトゥルー(販売元Gecco)なんですが注目はその彩色。「来たなデヴィット・ディル!」・・・って誰それ?って思われるのも無理は無く、だって彼は素人なんですから(笑)。

腕前はご覧の通りで、その気が有れば米模型誌AFMのライターになれるのでは?ってレベル(実際あのコンテストって登竜門的位置づけみたいだし)。しかし聞けば(っても又聞きですが)「甘んじて素人で」ってスタンスらしいですよ。

理由は「純粋に模型制作をファンの一人として楽しみたいから」だそうな。格好良すぎやしませんか?(笑)。でも間違いなくソレってキットビルダーの鏡ですよね~。ソレはそれでポリシーとして揺るぎが無くって自分は好きです。

そのデビットですが、米WonderFestのコンテストでは常勝の一般人・・・って面白いでしょ?作例がWonderFest HPのバナーや広告になったりするような人で、私が同コンテストにエントリーしてた時は一番のライバルでした。
同品(クトゥルー)は結構なお値段にも関らず即日ソールドアウトって考えたら役割は果たしたよね?って事で当方にしてみても嬉しい話。

Wf16sum20a

Wf16sum19HELL PAINTER
 
出たメモリー・オブ・アレッサ!。彼女がフィギュアとして世に出る事はファンにとっては「待ってました!」ってな感じだったのでは?
SHのコアなファンならば彼女がどういう存在なのか判ってる事と思いますが、詳しく無い人からしたら「へザーじゃないの?」って疑問も出てくるだろうと思います。
「へザーだけどへザーじゃない」という回答が的を得てるかどうか判りませんが、無関係でも別物でも無いって感じ?凄く奇妙な設定のヒロインなんですよねぇ彼女。

見た目がこうなのは言わば「憎悪の思念」だから(それにへザーは元来黒髪)。ともあれインパクトは絶大ですよね?他のクリーチャーよりよほど不気味で怖いんですが、だから今までドコも出して来なかったって事でしょう。ヘルペインターさんならではですね。
因みにサイトに書かれてましたが30分で完売したそうで、このアイテムが瞬殺されるっていう事に客層の厚さを感じます。

(つづく)

|

« 2016WF夏(その3) | トップページ | 2016WF夏(その5) »