« 2016WF夏(その6) | トップページ | 通販について。 »

2016WF夏(その7)

JINTO

タナベさんの新作「ミリタリーガール01」、ポイントは「01」ってところ。つまりそういう事ですよね?「ホンマですか~期待しちゃうゾ♪」。
と皆さんが思っているかどうか判んないですが、そう思っちゃうくらい好評だった様です♪ ウチのブースに寄ってくれたお客さんの数人が「買えなかった~」と嘆いてましたもん。

Wf16sum40最初「売れ行きは緩やかだろうと思うんで、夕方までじっくり行きますよ」って言ってたんですよ。「だったら自分も欲しいんで昼過ぎくらいに行って買いますネ」って伝えました。でもその後にツイッター上で彩色画像がアップされるや知人から「タナベさんの新作、彩色画像た!?」と。

促されて見た瞬間「あ、コレは俺買えないワ」と悟った次第です(-_-;)。実際にどれくらいで無くなったのかは知りませんが、恐らく瞬殺って言って良いスピードで捌けたのだろうと。リアルタイムツィートで「入場列に並んでいる間に終った」と言ってる人も居ましたし。

日ごろ原型仕事を詰め込んでるんでなかなかイベント用には作れない様子、しかし望んでいるファンも多かろうと思うのでコレは継続してやるべきだと思いますねぇ。ってか「01」なんで続けないとイカンでしょ?(笑)。次回の冬が楽しみです♪

Wf16sum38a

S.A.E.

「じゃぼうにあ」というS.A.Eさんオリジナルの造形企画を再始動、新たなストーリーである「アボロハムの環」というタイトルで世界感構築および造型を進めてゆく模様。
サイトを見ればデジタル造型を駆使して展開して行くようで、他にもいろんなアイテムおよび原型師がオリジナルメカを設定付でデザイン、はたまた映像作品があったりと一種「創作集団」めいた感じなっています・・・って元からそううでしたよね(^^ゞ。

Wf16sum39凄く活動期間の長い老舗なのですが、ワンフェスよりはキャラホビで活躍している事の方が多い印象。主にオーラバトラーの造型で有名だと自分なんかは認識していますが、しかし同サークルの毒島さんはWSC(#10 冥王ハリ・ハラ)では大先輩だし、今も商業で激上手美少女とかやっておられるのでそっちサイドの認知度も凄く高いんじゃないでしょうか?

でもやっぱ氏の本領は甲殻系メカって印象なので(っても美少女造形も本気でイイんだよねぇ)、今回の造型は正にど真ん中ではないかと。当日は既にデジタルで制作している「御堂大海(みどう おおみ)」の胸像を出力して展示していましたが凄い迫力でしたヨ。

時が経って更にパワーアップしたであろうS.A.Eさん、今後の展開が凄いことになりそうな予感。

Wf16sum41a

海ねずみ

リデザインが気持ちイイ鬼頭さんの新作は「ブラックオックス」、デカいです♪ 彩色が間に合わなかったようですが、モールドや形状が良くわかってコレはコレで良いかと。28号もデカかったんですが、ブラックオックスは更にって感じ。
同スケールなのにそう感じるのはたぶんボリュームを付ける箇所の違いだろうと思うんですが、とにかく肩から伸びる両腕のインパクトが絶大でした。

Wf16sum42鉄人28号にブラックオックス、どっちもイメージを崩さない絶妙なアレンジが施されてて凄く良い感じなんですよねぇ。コレは本気で揃えたいところですが、う~ん貧乏人には流石に無理かな(^^ゞ。

お聞きすれば欲しい人が居るならば・・・って事だったので、少なくとも数回は販売を続けてくれるだろうと思ってます。その間にとにかくチャンスを狙って(自分のアイテムで稼ぐなりして)捻出する事を考えよう(・・・って諦めてないんかい!笑)


以上「2016WF夏」の自分なりのレポートでした。まぁ有名どころばっかで申し訳ないです(^^ゞ。もっと未知のディーラーさんを探したいのは山々なんですが、自分もディーラー参加してるわけでソレは不可能に近いかと。
それでもコレだけ回ろうと思ったらちゃんと段取りせねばならず、写真も掲載分の倍以上は撮ってるので整理とかけっこう大変なんですよ~。

あのカツカツの状態でこのレポートの事を考えたってだけでもマシだと思ってくださいネ。思い返せば面白そうな画像を取り逃してたりするんですが、ソレは次の課題として今回はココまでって事で。

最後に〆として総括というか雑感を書こうと思いましたが、文字ばっかの長文をダラダラ・・・ってなっちゃってましたから割愛します(^^ゞ。それではココまでお付き合い頂いた方に感謝!次回もレポートできるように頑張りますのでまたの機会に宜しくです~!ではまた。

(おしまい)

|

« 2016WF夏(その6) | トップページ | 通販について。 »