« クロスワークスのアモン | トップページ | ZODD(完成品) »

Caracolilla(完成品)

Caracolillapwork01a

ツイッターからの続き、「塗装工程」で~す。今作例の肌塗装ですがフィメール系とは言えクリーチャー然としたアイテムなので、またおよそ1/3サイズという大型のヘッドモデルの間を持たせる為に下地に蛇紋を仕込むところから始めました(蛇紋のやり方はコチラ)。

Caracolillapwork02その他にも血行表現や部分的に豹紋を入れることで塗装密度を上げて行きます。但しあまり濃い色を最初から仕込むと諧調幅が取れなくなってしまうので「薄く淡く」を繰り返す感じ。時間は懸かりますが、メリハリのポイントを何処に置いたら良いのか判るまでは手探りで色を重ねてゆくのが吉かと。
色と言うのは隣り合う色との対比で目立ったり沈んだりしますから、イキナリの濁色は勿論のこと飛びぬけたようなビビット・カラーもこの段階では使わない方が良い。

Caracolillapwork03巻貝部分も同じくで、イキナリ濃い色を置くのでは無く「アタリ」的な色味で、またリセット可能な塗料(エナメルなど)で調子を見ながら彩色してゆきます。
全体におおよその色が入れば完成イメージが見えてきやすくなりますから、そこではじめて陰影の強弱や彩度のメリハリを入れてゆくって感じ。
・・・って事で完成画像を本館にアップしておきましたのでコノ続きがどうなるのか気になる方はご参照ください。

Caracolillapwork04a

|

« クロスワークスのアモン | トップページ | ZODD(完成品) »