« 再発見!ニッポンの立体 | トップページ | 2016年、大晦日。 »

Valtielの架台

Valtieleasel01a

ツイッターからの続きです。依頼によりHEADLONG製バルティエル・キットの架台を自作しましたヨ。傾斜や重心を考慮して強度も考えた上で極力シリコン&レジンを使わずに済む形状がコレ・・・ってもモノ合わせなんで行き当たりバッタリだけども(笑)。
原型を木&ポリパテで作ってるので複製前提での工作でした(部分的にプラ板も)。パーツ同士の接着はエポキシ接&ビス止め、コレで強度はクリアのはず・・・だったんだけど「横方向の踏ん張りが弱いな」と。

Valtieleasel02a

Valtieleasel03って事で足を追加です。横方向だけでなく折角なので後ろ方向へもダメ押しの安定感を稼ぎたい。ならば斜め後方へ延ばすのが妥当だろうと。支柱根元の形状からもソノ方がすっきりしそうな感じだったんでもっかい原型を引っ張り出して追加パーツを作ります。
そして型を取って複製・・・って最初からそうしてれば余計なシリコンを使わずに済んだのに勿体無い(-_-;)。

因みに追加足の分を除いて支柱と台座を複製するために使ったシリコンの量は「2キロ以上」、予想の3倍近い量に苦笑するしかありませんでした。そして新たに作った足の分を併せると総量で2.5キロ!ほんともう「型取り下手くそか!」って感じです~(>_<)。

Valtieleasel04a

Valtieleasel05そうして組み上げたイーゼルですが、ソコまでやった物なので震度3くらいの揺れでは倒れない強度となりました。
命名”HEADLONG製ヴァルティエル用強化版イーゼル”・・・ってのは長ったらしいので本記事タイトルで良いかと(笑)。

今回もまた自縄自縛な工作を織り込んだ作例となるわけですが、本体の彩色に関しても今までと違う技法を織り込む予定です。
はぁ~バカだな俺(-_-;)。

|

« 再発見!ニッポンの立体 | トップページ | 2016年、大晦日。 »