« 2017WF冬のお品書き。 | トップページ | 2017WF冬(その2) »

2017WF冬(その1)

Wf17win01a

終ってからそろそろ1ヶ月くらい?もうねぇワンフェス後の方が忙しくなっちゃいまして、どうにも時間が捻出できずに今になっちゃいました(^^ゞ。そんなこんなで今更なんだけど、折角の画像をお蔵入りにするのも勿体無いので恒例のレポートやって行きますね。

Wf17win02なお今回、ヘロヘロになりながら塗ったギルギルさんとこの「ニナドロノ」の画像は撮れてません(>_<)当日どうにか展示に間に合ったのは良かったんですが、自分とこの設営時間が無かったので開場前に撮影している時間がありませんでした・・・しかし結局その時しかチャンスは無かったと言う。

その後何度かチャレンジしに行きましたが人だかりでどうにも無理で・・・と言うのはありがたい事なんですけどネ。そんなこんなで画像が無いワケです。

代わりというワケではないですがディーラーで参加している割には結構撮影出来たと思います。それではどんぞ~(リンクは基本ツイッターの方に張ってます)。


Wf17win03a

Wf17win04工作部屋

メカに定評の有るむーすけさんのディーラー。毎度気にはなるもののなかなか見に行く事ができなかったんですが、今回久しぶりに立ち寄る事ができました。

画像は「スペース・ダンディ」のアロハオエ号、いいですねぇ~♪そんで安い!この出来でこの価格ならそら無くなりますわなぁ(^^ゞ。

他にも「ゼロから始める・・・」のラムレム胸像もありましたし出来も良かったんですが撮影してません。ごめんなさい!どうしてもその系に興味が無いので仕方なしって事で^^ゞ(アニメは面白いと思ってますヨ)。


Wf17win05a

Wf17win06さちうす堂

強化服(熊)!可愛いし塗るのが楽しそうなんでソソります♪またハッチが開くようなので搭乗者を自分の好きなように出来る(と思う)のが模型として面白そうだなぁと。

ココは他にもダチョウや羊・アルパカなんかの生物フィギュアもリリースしてまして、そんなラインナップを見てると「模型が好きなんだろうなぁ」と思えてきます。

リーズナブルな価格帯を見てもそうなんですがホビーを楽しんでる感があって好感がもてるディーラーさんですね(ドレも良く出来てるし)。


Wf17win07a

Wf17win08RAPTURE

オリジナルの可愛いメカがたくさんあって目を惹きます。
そんでデザインがイイ!色で遊べるのも面白く、こういうアプローチは大好きです。ココも買い易い価格帯で「お財布に優しい系」ですね。こういうところがモデラー人口の増加に寄与してるのだろうと思うんですヨ。

汎用性が高そうで実際に何点かカスタマイズされていたようです。追加造作に凝るのも良いし、上記のように塗装だけでも自分のカラーが出せる。GKとしては理想的なのではないかと思いました。


Wf17win09a

Wf17win10CHIKA TOYS

実物を是非見てみたかったディーラーさんです。
カテゴリー的には「デザイナーズトイ」になるのかな?販売してる商品は全てワンオフみたいなんですが、しかしこの価格って・・・。

価格だけを見れば高額と感じる方も居るかもですが、当方から見れば「凄くお安い」って印象です。
量産はレジンの複製で対応できても可動部なんかの調整は1体づつやらないとイケナイのでは?と。
更に1体1体彩色して尚且つエイジング・・・何体用意されたのか判りませんが、かなり大変だったろう事を思うとほんと頭が下がる思いです。

・・・とそんな事よりも「凄くセンスの良い立体物だなぁ」とソノの部分に目が行きました。こういうディーラーさんに出会えるからレポートとか辞められないんですよねぇ、終日ブースに篭ってるのは勿体無い!って感じ。


Wf17win11a

Wf17win12村瀬材木

ココも実物を見てみたかったトコ。
ウチのショボイ撮影では伝わらないかもですが、やっぱココも凄かった♪手の入り方が尋常じゃないのは見て取れると思いますが、なによりそのフォルムが気持ち良いです。

そして塗装も上手い!大きさが結構なモノなのに隙間ナシな造作が施されているワケで、こういうのを「作品」って言うんだろうなぁと。

あと見せ方もセンスがあって良いですよねぇ。フィギュアを併せて作る事でメカの大きさ(スケール)の目安になりますし、一つ一つの作品に臨場感やドラマを感じます。眼福でした♪


Wf17win13a


Wf17win14a

Wf17win15海ねずみ

実物が展示されると聞き「コレは是非見に行かねば!」って事でいそいそと。
鉄人&ブラックオックスもデカいんですが、この作例はそれ以上。閉会後の佐川前で持ち込みの大変さを伺いましたが、実物を拝めた当方としては「ありがとうございました」と言うほか無かったですね(笑)。

言わずもがなだと思いますが鬼頭さんの作るメカはラインが綺麗なんですよねぇ。で、細かい造作をする部分を集約したり散らしたりするのがホントに上手い。
一言で言えば「センスが良い」って事なんですが、まぁソレだけで終らせちゃうとソコで話が終っちゃうんで(笑)。


Wf17win16a

Wf17win17Kamaty moon

ご本人だと思うんですが、スチームパンク・コスにて世界観を体現されてました。ここまでやられてしまうと作品よりもソチラに目が行って仕方なかったですよ(笑)。

とまぁソレは置いといて、ココのは相変わらずの風合いを醸し出しててイイ。
配されたガジェット類の多さもさることながら、それぞれのフォルムが良いなぁと。スチームパンクと言えばメカニック要素も盛り込んでいるワケで、故にエッジの利いたシャープな造作もソレはソレで魅力的。

でも氏の立体作品はどちらかと言えばモールド甘めなんですが、だから良いのかな?と。手作りの暖かみが生み出す創作キャラに合っていると思います。


Wf17win18a

Wf17win19◆空想蒸気浪漫譚「いろはだより」

GILLGILLブース内のコンテンツ。「田中快房」氏の提案によって結構以前から色々テーマを決めては造形で遊んでる?と言う面白い企画展示が有りましたヨ。
タナベさんもこの企画に巻き込まれてたりしてましたね(笑)。

今回の犠牲者?は塚田クン・・・ってか二人してココまで良いモノを造ってくると遊びって事では無いだろうし、ココまで体裁を整えて来られると以降の動向にも期待しちゃいます。自分もスチームパンクは大好物なのでお互い頑張りましょう!って感じで応援していますョ。

しっかし本業をこなしながらこういう企画を考えて実際に人に見せられるところまで持って行った頑張りは賞賛モノです。お二方ともGJですね!ほんで双方ともに造形が凄く良い♪


Wf17win22a

Wf17win21Basketcase

何故にキョンシー?と思わなくも無いんですが、ココまでスチームパンクのテイストがマッチしてるとグゥの音も出ない。
バニーやチャイナはもはやキョンシーに見えなくなって来ている自分が居るし、逆に「潜水服の赤ずきん」や「ネコ耳ガスマスク」にキョンシー要素を探してしまう始末です(笑)。
それほど「レディーキョンシー」のインパクトが強く、すんごく良いなぁと。

ところで「チビずきん」がやたらと可愛くって、お顔が無くてもそう思うってのが勉強になりますね。どのキャラを見ても独自性が際立ってて今後の動向が気になるディーラーさんでした。

Wf17win20a


Wf17win23a

Wf17win24DISCOVERY

ここも独自性が際立つ面白い造形をするディーラーさん。
ソコに今回は「腐乱犬」君が加わってパワーアップって感じ。
どのアイテムを見ても他には無いテイスト&フォルムがとにかく面白いです。実は前から気にはなってたものの、今回初めて立ち寄る事が出来ました(だったと思う、多分^^;)。

腐乱犬君の方はペインター業の傍らの造形なんですが、その卓越した塗装技術が彩色見本に反映されてて見ごたえ有り。
ホントに上手いですョ、彼。以上は塗装の話ですが、造形の方もなかなかどうしてって感じ。なにより自分なりの造形ラインを確立しつつあるのがイイですねぇ。

(つづく)

|

« 2017WF冬のお品書き。 | トップページ | 2017WF冬(その2) »